ブログ初心者にありがちな失敗5選と改善策

main-image

はじめに

今回は、「ブログ初心者にありがちな失敗5選とその改善策」という内容になります。

  • ブログ初心者はどんなことをすればいいの?
  • 全然結果が出ないからブログを挫折しそう…
  • ブログを始めて色々施策をやっているけど結果につながらない…

まずは結論から。

ブログ初心者にありがちな失敗は、主に以下の5つになります。

  1. デザインにこだわる
  2. ブログを複数運営する
  3. 表示スピードにこだわる
  4. クリック率(CTR)にこだわる
  5. アクセスが少ない記事もリライトする

これらは「ブログ初心者あるある」と言っていいかもしれません。

本ブログは「初心者と一緒に成果を出すブログ」をコンセプトにしていますので、ブログ初心者がなるべく失敗のリスクを減らし、成果をあげられるような情報発信を心がけています。

そのため、ブログを成長させる上では、この「ブログ初心者にありがちな失敗」を知って、早めに改善していくということはとても重要なことですので、ぜひ最後まで読んでほしいと思います。

では、「ブログ初心者にありがちな失敗5選とその改善策」について、詳しく解説していきます。

ブログ初心者にありがちな失敗①【デザインにこだわる】

「きれいな見た目にしたい」、「デザインにこだわった方が読む人も増えるだろう」などの気持ちからデザインにこだわりたくなる気持ちはわかります。

しかしそれは、アクセス数や収益に直接結びつく要素ではありません。

アクセス数や収益に直接結びつく要素ではないにしろ、もちろん最低限の見た目は必要になりますので、デザインにこだわるとしても最低限の時間にするようにしましょう。

本当に細部までデザインにこだわりたいのであれば、まずはブログを収益化することに注力し、ブログで食べていけるくらいになった時にプロのデザイナーに外注した方が、圧倒的に良いデザインになります。

ブログ初心者にありがちな失敗②【ブログを複数運営する】

「早く結果を出したい」、「早く収益化したい」などの気持ちから複数のブログを運営したくなる気持ちはわかります。

しかしそれは、「早く結果を出す」・「早く収益化」するということにおいては、「遠回り」になってしまいます。

なぜかというと、単純にブログにかけるパワーが分散してしまうからです。

例えば、1日4時間ブログに使える時間がある場合、4つブログを運営していると1つのブログにつき使える時間は1時間ということになります。

運営しているブログが1つのみであれば、まるまる4時間そのブログに力を注ぐことができます。

つまり、まだブログが成長していない段階においては、まるまる4時間力を注げるブログの方が、成長も早くなるということです。

では、ブログを複数運営することが悪いことかというと、そうではありません。

ブログを複数運営するのは、「タイミング」が重要になります。

ブログを複数運営し始めるタイミングは、まず1つのブログが上手くいってからになります。

ブログを1つ上手く成長させることができれば、その過程でブログを成長させるコツやノウハウを得ています。

その状態で新しいブログを始めることができます。

つまり、新しく開設したブログも上手く成長させることができる可能性が格段に上がるということです。

ブログ初心者にありがちな失敗③【表示スピードにこだわる】

「表示スピードが遅いとユーザーが離脱してしまうのではないか」、「表示スピードが遅いとSEO的に不利になるのではないか」などの気持ちから表示スピードにこだわりたくなる気持ちはわかります。

しかし、まだブログが成長していない段階ではそこまで気にする必要はありません。

もちろん、表示されるまで数分かかったり、まったく表示されないなどの場合は改善する必要がありますが、自分で確認した時に普通に表示されるのであれば、まずははそれで十分です。

表示スピードが早ければ早いほどユーザーのストレス軽減につながったりもするので、本当に表示スピードにこだわりたいのであれば、まずはブログを収益化することに注力し、ブログで食べていけるくらいになった時に高速処理ができる高価なサーバーに変えたり、プロの業者にお願いした方が圧倒的に表示スピードは早くなります。

ブログ初心者にありがちな失敗④【クリック率(CTR)にこだわる】

「クリック率アップのためにヒートマップツールなどを活用した方がいい」、「クリック率アップのために様々なプラグインを活用した方がいい」などの気持ちからクリック率にこだわりたくなる気持ちはわかります。

しかし、まだブログが成長していない段階で、アクセス数もあまりない状態では気にする必要はありません。

なぜかというと、そもそもクリック率をアップさせるためのツールは、「現状のアクセス数からより多くコンバージョンをさせるために使うもの」だからです。

つまり、まだブログが成長していない段階で、アクセス数もあまりない分母が少ない状態で使ってもあまり意味がありません。

そのため、まだブログが成長していない段階では、有名なブロガーやブログ運営について有益な情報を発信してくれているブロガーの情報を基に、広告の配置場所の工夫や改善をしたりする方が効果的です。

ブログ初心者にありがちな失敗⑤【アクセスが少ない記事もリライトする】

「リライトして更新を頻繁にした方がSEO的にいい」、「細かい表現が気になり直したい」などの気持ちからこれまで書いた記事をリライトしたくなる気持ちはわかります。

しかし、リライトしようとしている記事から全く収益があがっていなかったり、アクセスが全くないのであれば、その段階でのリライトは気にする必要はありません。

そもそもリライトとは、「改善してさらに良くするという行為」なので、既に収益があがっている記事やアクセスが集まっている記事に対しておこなう場合に効果が大きくなります。

つまり、リライトしようとしている記事のそもそもの成果が低いと、改善しても効果が小さいということです。

そのため、リライトは成果があがってきた記事に対しておこなっていくようにし、新しい記事を作成することに注力しましょう。

まとめ

以上、「ブログ初心者にありがちな失敗5選とその改善策」を解説しました。

  1. デザインにこだわる
  2. ブログを複数運営する
  3. 表示スピードにこだわる
  4. クリック率(CTR)にこだわる
  5. アクセスが少ない記事もリライトする

これらはもちろん取り組んだほうがいいことですが、まだブログが成長していない初期の段階では、あまり気にする必要はありません。

そのかわりに、読者にとって有益な記事を書くことに集中してそっちに時間を使うほうが、ブログを成長させる上では近道となります。

この記事が、ブログを成長させて結果を出したいと思っているブロガーの役に立てば幸いです。

ブログ術Tips