【初心者必見】Webサービス・プロダクト収益化のための4P分析とは!? → わかりやすく解説します

main-image
  • 4P分析とは?
  • Webサービス・プロダクトを収益化したい…
  • Webサービス・プロダクトが伸び悩んでいてなんとかしたい…

なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか?

もしそうであれば、この記事はとても役に立ちます。

あなたのWebサービス・プロダクトを収益化するために

ぜひ役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • Webサービス・プロダクト収益化のための4P分析

この記事はこんな人におすすめ

  • Webサービス・プロダクト開発初心者
  • プログラミング初心者

記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介します。

記事の信頼性

【1日12時間×3年】→ 30歳からプログラミングを独学
【取締役・フルスタックエンジニア】→ Web系ベンチャー企業にて
【合計2万ユーザー以上】→ 開発したWebサービスにて
【2,800万円の資金調達】→ 開発したWebサービスにて
【新規事業企画】→ AIベンチャー企業にて

まずは結論から

あなたのWebサービス・プロダクトを収益化する上で、確実に必要なのが「戦略」です。

戦略なくして成功は期待できません。

戦略には様々なフレームワークがあります。

今回はその中でも「マーケティング・ミックス」の一つである「4P分析」について解説します。

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアになりました。

そしてITベンチャー企業で「フルスタックエンジニア・取締役COO」を務めました。

これまで複数のWebアプリやスマホアプリを開発し、ローンチもしています。

開発したWebサービスで2,800万円の資金調達もしました。

その経験をもとに、Webサービス・プロダクト収益化の観点でそれぞれ解説していきます。

マーケティング・ミックスとは?

マーケティング・ミックスとは、マーケティング戦略において期待している効果を最大限引き出すために、様々なマーケティング手法を組み合わせた施策です。

代表的なものに「4P分析」・「4C分析」の2つのフレームワークがあります。

4C分析についてわかりやすく解説

あわせて読みたい

「4C分析とは?」 「Webサービス・プロダクトを収益化したい…」 「Webサービス・プロダクトが伸び悩んでいてなんとかしたい…」 なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか? もしそうであれば、こ[…]

main-image

4P分析とは?

4P分析は、1960年にアメリカのマーケティング学者エドモンド・ジェローム・マッカーシーによって提唱された戦略フレームワークです。

売り手側の視点によるフレームワーク」です。

Webサービス・プロダクトを開発する上で検討しなければならない要素のうち、

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)

この最も重要な4つの要素の頭文字をとったものです。

Product(製品)

これから提供しようとしているWebサービス・プロダクトの本質的な価値を明確化します。

合わせて、そのWebサービス・プロダクトの付加価値も考える必要があります。

Price(価格)

提供しようとしているWebサービス・プロダクトの価格を検討します。

提供する上で必要になるコストや市場価格、Webサービス・プロダクトのライフサイクルなどから総合的な価格戦略を立てる必要があります。

この戦略がWebサービス・プロダクトが売れるかどうかに大きく影響します。

Place(流通)

Webサービス・プロダクトを流通させるための流通経路や販売経路などを検討します。

「実店舗なのかネットショップなのか」・「自社販売なのか代理店販売なのか」などによって、必要となるコストや流通経路は異なります。

どのような販売経路が最適なのかは、Webサービス・プロダクトによって異なります。

ターゲットユーザーに合わせた最適な流通経路や販売経路を模索する必要があります。

Promotion(販売促進)

Webサービス・プロダクトの広告・宣伝方法について検討します。

いくら優れたWebサービス・プロダクトであっても、ユーザーに認知してもらわなければ利用してもらうことはできません。

予算などを検討しつつ「マスメディアでの広告」・「SNS広告」・「リスティング広告」など、Webサービス・プロダクトによってターゲットユーザーに合わせた広告・宣伝方法を模索する必要があります。

Webサービス・プロダクト収益化のための4P分析の活用

では、Webサービス・プロダクト収益化における4Pはどのようになるでしょうか?

例えば、あなたが「プロテインを企画・販売する」として考えてみましょう。

その場合の4Pは、以下のように考えることができます。

Product(製品)

  • 販売するプロテインのタイプは、「パウダータイプ」とする
  • 「体内への吸収速度が速い」・「水にも溶けやすい」・「トレーニング直後の使用が多い」・「リピートサイクルも比較的早い」・「需要が最も高い」という点からホエイプロテインとする
  • 付加価値として、女性向けにダイエット要素や美容成分をプラスする

Price(価格)

  • OEM製造とする
  • 最小ロットが100kgとした場合、最小ロットの発注では原価が割高になってしまうので、1,000kgを現実的な最小ロットとする
  • 最小ロットよりも経済ロットを重視する
  • 競合他社の価格も考慮して1kg2,000円で販売する
  • 定期購入用の価格も検討する

Place(流通)

  • まずは、Amazonや楽天などのオンラインモールでの販売をメインとする
  • 徐々に自社ECサイトも構築していく

Promotion(販売促進)

  • 筋トレ
  • ダイエット
  • 美容
  • 健康
  • これらに興味を持っている人たちをターゲティングして、SNS広告をメインとする。

上記はあくまで例ですが、ざっとこんな感じになるかなと。

まとめ

4P分析とは、「売り手側の視点による戦略フレームワーク」です。

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)

これらWebサービス・プロダクトを開発する上で検討しなければならない、最も重要な4つの要素の頭文字をとっています。

4P分析はWebサービス・プロダクトを運営し収益化するためには、絶対に必要なものです。

4P分析を理解し活用することで、確実にWebサービス・プロダクトの収益化につながります。

ぜひ、今後のWebサービス・プロダクト開発や運営に取り入れてください。

とはいえ、僕もそうでしたが自分だけでは、

「やり方は合っているのか」
「進んでいる方向は間違っていないか」

などと疑問に思ったり、不安になったりしますよね。

そんな時は、マーケティングの「専門講座」の受講をおすすめします。

専門講座は「Udemy」などで探すのがオススメです。

売り手側の利益を考えることはもちろん重要ですが、ユーザー視点の利益や価値について考えることもとても大切です。

どちらか一方の視点だけでは、良いWebサービス・プロダクトを提供することはできません。

より良いWebサービス・プロダクトを提供するためには、4P分析とあわせてユーザー側の視点による戦略フレームワークである「4C分析」もとても大切です。

4C分析についてわかりやすく解説

あわせて読みたい

「4C分析とは?」 「Webサービス・プロダクトを収益化したい…」 「Webサービス・プロダクトが伸び悩んでいてなんとかしたい…」 なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか? もしそうであれば、こ[…]

main-image

以下は、マーケティングが学べるおすすめの講座です。

マーケティングが学べるおすすめの講座

以下は、マーケティングが学べるおすすめの講座です。

RaiseTech
【マーケティングコース】
4.5

マーケティングコースは「商品を売るために」という思考から始まり、実際に売るための手段と知識、ツールの使い方を学ぶ総合コースです。

【こんな人におすすめ】
・自分の商品を効果的に売る手法を学びたい
・基礎から応用まで現場で通用する技術を一通り学びたい
・現役マーケターのメンターが欲しい
・1人で学ぶのが苦手なので、学習をサポートして欲しい

【厳選2冊】マーケティングが学べるおすすめの本

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後にマーケティングをさらに深く理解し「Webサービス・プロダクトの収益化につなげたい人」に、以下の本を読むことをおすすめして終わりにしたいと思います。

どちらもマーケターのバイブルになっている必読の一冊です。

両方読むことをおすすめしますが、どちらか一方でも構いません。



この記事が「Webサービス・プロダクト収益化」の一助になれば幸いです。

Webサービス開発Tips

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!