【経験者が教える】HSP(繊細さん)とは?うつ病になりやすい!?

main-image

はじめに

今回は「経験者が教える、HSPとは?うつ病になりやすい!?」という内容になります。

  • 繊細で傷つきやすい
  • ちょっとしたことですぐに落ち込んでしまう
  • ストレスを溜めやすく生きづらさを感じる

「HSP」という言葉を聞いたことがありますか?

最近は、この言葉を聞くことが多くなってきたのではないでしょうか。

「HSP」という言葉を知って、もっと詳しく知りたいと思って、この記事をご覧になっている人も多いかもしれませんね。

 

まず結論からいうと、「HSP」は先天的な特徴なので、努力で改善できるものではありません。

そのため、「HSP」はまずそれを認めて受け入れ、「自分の生まれ持った特徴」だと考えることが重要です。

 

以下のサイトでHSP診断テストができますので、気になる人はやってみてください。

実は、僕もこの「HSP」の特性をもっている一人で、うつ病も経験しています。

僕のHSP診断テストの結果です。

hsp-diagnostic-test-results

そこで、今からHSPとはどんなものなのか、うつ病との因果関係などを解説していきたいと思います。

「HSPとは?」

Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の頭文字をとったもので、1996年に心理学者のエレイン・N・アーロン博士によって提唱されました

「非常に繊細で感受性が強く、外からの刺激に敏感」という「先天的な特徴」をもつ人のことを、HSPと呼びます。

「先天的な特徴」ということは、つまり「生まれ持った特徴」ということです。

病気ではないので、「HSP」は病名ではありません

HSPの割合は、全人口の15%~20%といわれています。

つまり、約5人に1人がHSPであると考えられています。

「HSPの具体的な特徴」

HSPの特徴は、以下の4つの頭文字をとって「DOES(ダズ)」と呼ばれ、この4つすべての特徴をもっているとされています

Depth of processing(処理の深さ)

なにかを始める時に、色々と考えてしまうので行動するまでにとても時間がかかります。

しかし、物事を没頭して調べるため、知識が深くなる傾向があります。

また、社交辞令やお世辞などにたいしても深く考えるため、裏にある真意をすぐに見抜いてしまい、気疲れしてしまいます。

Overstimulated(刺激を受けやすい)

人の言葉や気分などにとても敏感で、人の感情や雰囲気、何気ない言葉から刺激をうけやすく、傷つきやすいです。

また、映画や音楽、本などに深く感動するなど、様々な刺激を感じ取りやすいです。

嫌なことだけではなく、楽しいことでも刺激が多すぎるとストレスになる傾向があります。

Emotional reactivity and high Empathy(感情的反応性・高度な共感性)

共感力がとても高く、映画や本などの登場人物に感情移入して、喜んだり悲しんだりします。

また、人が怒られていると自分も怒られているように感じ、気分が落ち込んだり、傷ついたりします。

Sensitivity to Subtle stimuli(些細な刺激に対する感受性)

些細な生活音(時計の音など)が気になったり、人の些細な変化が気になってしまって、集中できなくなってしまうことがあります。

刺激にたいする脳の反応

HSPとそうでない人とでは、刺激にたいする脳の反応に違いがあります。

  • 神経の高ぶりに関係する物質が多く分泌される
  • 警戒している時にでるホルモンが多く分泌される

HSPには、このような脳の反応の違いがあります。

「HSPの働き方と仕事について」

まず、常にピリピリとした雰囲気の会社は、HSPには合いません。

直接的に関わっているわけではなくても、常にこわそうな上司に怒られている人がいたり、常に深刻そうな顔で話し合いをしているなど、このような環境は極力避けるべきです。

他にも、例えば、

  • バリバリの体育会系の社風
  • 出入り業者が多くて常にバタバタしている
  • 声が大きい人が多くて常にうるさい
  • 自由にお菓子を食べながら仕事をしていいことになっているので、その匂いが気になって集中できない

このようなことは、HSPにとっては、落ち着いて仕事をすることを難しくする要因になります。

HSPが仕事選びをする時は、仕事内容も大事かもしれませんが、「自分に合う社風なのか」や「社内の雰囲気に違和感を感じないか」などは、とても大切です

また、最近の終身雇用が崩壊してフリーランスが増えている状況は、HSPにも合っている働き方へとシフトしてきているといえるかもしれません。

「HSPとうつ病の因果関係」

  • 疲れやすい
  • 気分が落ち込みやすい
  • 自分に自信がない
  • 寝つきが悪い

HSPは、このような、うつ病と似た不調の状態になることがありますが、医学的にはHSPとうつ病はまったくの別物です

HSPは先天的なものですが、うつ病は外部要因により発症する後天的なものです。

また、上述した不調の状態も、うつ病のほうが重度になる傾向があります。

しかし、HSPはそうでない人と比べると、うつ病になるリスクが高いといわれています。

それは、HSPは「HSPの具体的な特徴」で書いた「DOES(ダズ)」と呼ばれる4つの特徴によって、ストレスを溜め込みやすく、ひとりで抱え込んでしまい、うつ病になってしまうケースが多いからです。

以下の記事では、「うつ病の前兆・初期の心のサイン5つの特徴」を説明しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読みたい

はじめに 今回は、「うつ病経験者が教える、うつ病の前兆・初期の心のサイン5つ」という内容になります。 最近、ずっと心がモヤモヤしている 最近、ずっと悩んでばかりいる 以前よりものごとを楽しめなくなった 最近[…]

main-image

まとめ

HSPは先天的な特徴なので、努力で改善できるものではありません。

そのため、HSPはまずそれを認めて受け入れ、「自分の生まれ持った特徴」だと考えることが重要です。

例えば、生まれつきあるホクロは最初から当たり前にあるものですよね。

つまり、それと同じでHSPは生まれながらの「繊細さん」だということです。

また、HSPは、ストレスに立ち向かう必要はありません。

むしろ、立ち向かってはいけません。

自分が生きやすくなるために、自分に合うように環境を変えて、生きやすい道を模索するようにしてください。

また、最近ではストレスや不眠改善のためのサプリなんかも色々あるので、まずはそういったものを試してみて、様子をみるというのも一つの手かもしれません。

以下にストレスや不眠改善のためのサプリのリンクを貼っておくので、気になる人は見てみてください。

HSPの特徴を短所のように捉える必要はありません。

裏を返せば、HSPではない人はもっていない、HSPだからこその素晴らしい長所なのです

この記事を通して、HSPへの理解を深めていただくことができれば幸いです。

以下の記事では「HSPあるある8選」を紹介していますので、あわせて読んでみてください。

あわせて読みたい

はじめに 今回は、「【経験者が語る】HSP(繊細さん)あるある8選」という内容になります。 HSPかもと思っている HSPの共通点ってあるの? 他のHSPさんはどんなことに悩んでいるのか知りたい まずは[…]

main-image

また、以下の記事では「HSPにおすすめの厳選した7冊の本・書籍」を紹介しているので、こちらもご参考にどうぞ。

あわせて読みたい

はじめに 今回は、「厳選7冊!HSP(繊細さん)におすすめの本・書籍」という内容になります。 HSPについて理解を深めたい HSPにおすすめの本が知りたい HSPが生きていく上での対処法を知りたい 実は[…]

main-image

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。