CodeShip(コードシップ)の特徴・評判(口コミ)・料金・おすすめのコースは?

codeship
  • 「CodeShipに入学しようか悩んでいる…」
  • 「CodeShipのどのコースを受講しようか悩んでいる…」
  • 「CodeShipの特徴や評判は?」

なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか?

もしそうであれば、この記事はとても役に立ちます。

この記事を読めば、もうCodeShipについて迷うことはありません。

あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために

ぜひ役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • CodeShipの特徴
  • CodeShipの評判 (口コミ)
  • CodeShipの料金
  • CodeShipのおすすめのコース

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる
  • プログラミングスクールの中でもCodeShipを検討している

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて
下記の「目次」から読みたいコンテンツに移動すると便利ですよ!

まずは結論から

プログラミングを学ぶ価値は、大きく以下の3つになります。

  1. どの企業からも欲しがられる人材になれる = 市場価値があがる
  2. 会社に依存しない生き方が手に入る
  3. 自分の人生に自信を持つことができる

当たり前ですが、必死で学習し続けない人は市場価値は上がりません。

「でもそれって、何の仕事でも同じですよね?」

どうせ努力するのであれば結果を出しやすい仕事 (エンジニアなど) にすることをおすすめします。

そして「何にも縛られない自由な人生」を手に入れましょう!

評価の基準は?

評価については、「紹介 (アフィリエイト) 報酬が高いから良い評価にする」ことはしていません!

  • カリキュラムの内容
  • 料金
  • 受講スタイル
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ

などを詳細に調査し、厳正かつ総合的に判断しています。

なぜそうするのか?

それは、もし僕がレビュー記事やランキング記事の読者だった場合、

  • 意図的に操作された情報
  • 有益ではない情報

などを掴まされるのが嫌だからです。

そしてなにより、「プログラミングを頑張るあなた」に失敗してほしくないからです!

「この記事をご覧になっているあなた」に、きちんと有益な情報を提供したいと考えています。

評価の基準は以下のとおりです。

僕がプログラミング「未経験者」や「初心者」の立場にたって真剣に考え、

非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

これら4択からひとつを選び、総合評価とあわせて「個人的な感想」としています。

CodeShipの特徴は?

CodeShipはWeb系の開発言語に特化した「オンライン完結」のプログラミングスクールです。

全国どこからでも受講ができます。

各種サポートも充実していて、フロントエンドからバックエンドまで幅広く学習可能です。

特徴

  • 【幅広い学習範囲】言語8個&フレームワークやツール10個が学習可能
  • 【現役エンジニア講師】現役エンジニアの講師から学べます
  • 【チャット質問対応】Slackを利用したチャット質問に対応
  • 【オンライン授業】Zoomを利用したオンラインビデオ授業
  • 【コース】入校の際に保証コースを選択&期間内であれば複数コース学び放題
  • 【無償延長保証制度】保証コースが終わるまで無償で期間延長可能
  • 【キャリアサポート】何度でも相談可能
  • 【卒業制作制度】オリジナルWebサービス開発がおこなえます

CodeShipの参考動画

CodeShipの評判は?

良い口コミ

2021/02/18
(引用元: Twitter)


“私はcode-shipのオンラインコースを受講しました。

オンラインということもあり挫折しないかが心配でしたが,週に3コマの合計六時間はzoomでの学習時間が確保されていたので学習習慣が身につき無事卒業することができました。

また受講期間中にホームページの案件を獲得することもでき、無事納品することもできました。”
2020/12/29/
(引用元: コードラン)


“想像もしなかった自分がいる”
“初めは、質問の質も悪く自分のやりたことを伝えることすらできませんでした。

しかし、ハイスペックな現役エンジニアさんが沢山いらっしゃるので私たちの言いたいことを即座に理解して丁寧にわかりやすく教えてくださりとても自分の成長に繋がりました。”
2020/09/17
(引用元: GoodCode)

悪い口コミ

悪い口コミは見つけることができませんでした。

CodeShipのおすすめコース・料金は?

CodeShip
【ウェブメディア開発コース】

4.3

コース

ウェブメディア開発コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

PHP/Laravel・MySQL・HTML/CSSなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「ウェブメディア開発コース」では、ニュースやファッションなど様々なWebメディアを開発します。

「PHP/Laravel」や「WordPress」を習得できます。

Webサイト開発の基礎や、CMSを利用した動的なWebサイト開発スキルが身につきます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「ウェブメディア開発コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【A】・「非常に受講してみたい」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

CodeShip
【フロントエンド開発コース】

4.3

コース

フロントエンド開発コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

JavaScript/jQuery・HTML/CSSなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「フロントエンド開発コース」では、WebサイトやWebサービスのデザイン部分を構築します。

スピード開発やアニメーションに適したライブラリなどを学びます。

「JavaScript/jQuery」・「Bootstrap」・「HTML/CSS」などを習得できます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「フロントエンド開発コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【A】・「非常に受講してみたい」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

CodeShip
【SNS開発コース】

4.3

コース

SNS開発コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

Ruby/Ruby on Rails・HTML/CSSなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「SNS開発コース」では、Webサイトの仕組みの学習・開発スキルを身につけます。

「Ruby/Ruby on Rails」を用いてWebアプリケーションを開発します。

「Ruby/Ruby on Rails」・「HTML/CSS」などを習得できます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「SNS開発コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【A】・「どちらかといえば受講してみたい」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

CodeShip
【ウェブアプリ&データ処理コース】

3.5

コース

ウェブアプリ&データ処理コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

Python/Flask・HTML/CSSなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「ウェブアプリ&データ処理コース」では、Webサイトの仕組みの学習・開発スキルを身につけます。

人工知能や機械学習などの開発に適した言語「Python」を学ぶことができます。

「Python/Flask」・「HTML/CSS」などを習得できます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「ウェブアプリ&データ処理コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【B】・「どちらかといえば受講してみたい」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

CodeShip
【ゲーム開発コース】

3.6

コース

ゲーム開発コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

C#・Unityなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「ゲーム開発コース」では、シューティングゲームを開発します。

プログラミング言語であるC#やゲームエンジンであるUnityを学ぶことができます。

「C#」・「Unity」などを習得できます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「ゲーム開発コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【B】・「どちらかといえばあまり受講したいとは思わない」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

CodeShip
【先進ウェブサービス開発コース】

3.9

コース

先進ウェブサービス開発コース

受講スタイル

オンラインのみ

習得できる言語

JavaScript・React.js・Vue.jsなど

受講期間

4ヶ月・6ヶ月

料金(税込)

【4ヶ月】385,000円
【6ヶ月】660,000円

備考

返金制度があります

コースの内容

「先進ウェブサービス開発コース」では、「JavaScript」や先進的な技術の「React」や「Vue」を用いてWebサービスを開発します。

「JavaScript」・「React.js」・「Vue.js」などが習得できます。

JavaScriptの理解が深まり、Webサービスの開発スキルが身につきます。

コースの特典

期間内であれば全てのコースが学習可能!

個人的な感想

【総合評価】
A: 高
B: 中
C: 低
非常に受講してみたい
どちらかといえば受講してみたい
どちらかといえばあまり受講したいとは思わない
受講したいとは思わない

CodeShipの特徴や評判 (口コミ)、「先進ウェブサービス開発コース」のカリキュラムなどの詳細を調査しました。

個人的な感想は、総合評価【A】・「どちらかといえば受講してみたい」です。

個人的な感想については、僕が未経験者や初心者の立場にたって真剣に考えて判断しています。

あくまで個人的な感想なのでご参考までに。

プログラミングスクールTips

まとめ

CodeShipの詳細はお分かりいただけましたか?

詳細を理解することで、CodeShipについての迷いはなくなりますよ!

プログラミングを学ぶ価値は、大きく次の3つになります。

  1. どの企業からも欲しがられる人材になれる = 市場価値があがる
  2. 会社に依存しない生き方が手に入る
  3. 自分の人生に自信を持つことができる

当たり前ですが、必死で学習し続けない人は市場価値は上がりません。

でもそれって、何の仕事でも同じですよね?

どうせ努力するのであれば、結果を出しやすいエンジニアをおすすめします。

そして、何にも縛られない自由な人生を手に入れましょう!

「あなたはプログラミングスキルを身につけて、どんな未来を歩みたいですか?」

プログラミングスキルの習得については、

  • 独学で習得
  • プログラミングスクールで習得

それぞれ人によって向き不向きもあるので、一概にどちらがいいとは言い切れません。

どちらが良い・悪いもありません。

目標や目的を達成するために、ご自身の考え方や性格なども考慮した上で、ご判断いただければと思います。

どちらにせよ何もやらなければ、成長もしないし何も変わりません。

「千里の道も一歩から」

まずは、行動を起こしましょう!

  • プログラミングスクールの無料体験会や無料説明会に参加する

これは判断材料を集める上でとても大切なので、ぜひおこなってください。

「他のプログラミングスクールも気になる!」という人は、以下の記事でそれぞれまとめているので、ご参考にしてみてください。

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。