英語とプログラミングの罠。必修化に潜む3つの闇とは?

英語とプログラミングの必修化に潜む闇のイメージ
【2020年度】

小学校での英語必修化
小学校でのプログラミング必修化

【2021年度】

中学校でのプログラミング必修化

【2022年度】

高校でのプログラミング必修化

「小学校での英語必修化」と「小中高でのプログラミング必修化」が話題になっていますよね。

これは時代の流れともいえますし、決して悪いことではありません。

しかし、必修化されるからと何も考えず、ただ受け身になるのは注意が必要です。

そこでこの記事では、英語とプログラミングの必修化に潜む闇や問題点などを解説していきます。

この記事を読んで英語とプログラミングの必修化に潜む闇を知ることで、英語とプログラミングの必修化の本質や問題点を考えるキッカケになるはずです。

英語とプログラミングの必修化に潜む闇は、次の3つになります。

  1. ビジネスマンこそ世の中をよく知っていると勘違いしている
  2. ビジネスマンの利益誘導思考が政治を牛耳ってしまっている
  3. ビジネスマンはビジネスの世界だけがすべてだと思い込んでいる

それぞれ詳しく解説していきます。

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

この記事はこんな人におすすめ

  • 小中高生のお子さんがいる親御さん

(参考記事: 「英語とプログラミングの罠~ビジネスマンの世間知らずが日本を滅ぼす=施光恒」MONEY VOICE)

英語とプログラミングの必修化に潜む3つの闇

英語とプログラミングの必修化は悪いことではないですし、むしろこれからの時代に必要なものです。

ただ手放しで喜んでもいられません。

英語とプログラミングの必修化には、今の時代を象徴するような闇が潜んでいます。

それでは、英語とプログラミングの必修化に潜む闇や問題点をみていきましょう。

ビジネスマンこそ世の中をよく知っていると勘違いしている

最近、世の中の風潮がどんどんビジネス寄りになってきていると感じます。

  • 小学校での英語必修化
  • 小中高でのプログラミング必修化
  • 専門職大学の開校

これらはビジネス界からの要請が、教育に直接反映される形で実施されています。

様々なメディアをとおして、「社会的要請」という言葉を耳にしませんか?

「社会的要請」とはほぼビジネス界からの要請です。

確かにビジネスマンは、自分の会社や業界には詳しいでしょう。

しかし、社会全体のことをよく知っているとは一概にはいえません。

一方で日ごろから子供たちと接している教師は、間違いなく「子供たち」・「教育」・「地域社会」などのことをよく知っています。

「ビジネスマンのほうが教師より社会全体をよく知っている」とは、一概にはいえないはずです。

教師だけではなく、

  • 公務員
  • 農家
  • 漁師
  • 医師
  • 看護師
  • 主婦(夫)

など、様々な人がそれぞれの領域で、社会を見つめて暮らしています。

皆それぞれ自分の領域の専門家です。

大企業のビジネスマンだけが、社会や世の中をよく知っているというわけではありません。

ビジネスマンの利益誘導思考が政治を牛耳ってしまっている

  • 「教養なんて身につけても意味がない」
  • 「英語・プログラミング・会計など、実務的な知識を身につけたほうがいい」

このようなビジネマン的思考は、最近ますます強くなっているように感じます。

ビジネスマンの利益誘導思考が過度に持ちあげられ、

  • 「社会の要請」
  • 「時代の要請」

であるかのように語られています。

その結果、視野が狭いビジネスマンの利益誘導思考が政治を牛耳ってしまっています。

そのような風潮が、社会全体をおかしくしている要因の一つといえるでしょう。

ビジネスマンはビジネスの世界だけがすべてだと思い込んでいる

ビジネスマンの世界はとても単純です。

僕がいるIT業界であれば、ITのことだけ考えていればいい。

でも実は、大企業のビジネスマンが思っているより世の中はもっと複雑ですよね。

自分の単純な世界にだけいるビジネスマンたちは、

「世の中がうまくいっていないのは、自分たちのビジネスモデルを適用しないからだ!」

こんなふうに思い込み、

「政府の政策はダメだ!民間の知恵を入れろ!」

と政府に入り込んでいます。

  • 教師
  • 公務員
  • 農家
  • 漁師
  • 医師
  • 看護師
  • 主婦(夫)

など、社会で生きるそれぞれの専門家の見方を合わせてはじめて、社会全体が見えてくるのではないでしょうか。

まずは社会で生きる多様な人々が、

「大企業のビジネスマンのほうが世の中をよく知っているわけではない」

という当たり前のことを、再確認することが大切だと思います。

まとめ【英語とプログラミングの必修化の本質を考えよう】

今回の内容をまとめていきます。

  1. ビジネスマンこそ世の中をよく知っていると勘違いしている
  2. ビジネスマンの利益誘導思考が政治を牛耳ってしまっている
  3. ビジネスマンはビジネスの世界だけがすべてだと思い込んでいる

冒頭でも述べたとおり、英語とプログラミングの必修化は時代の流れもあり、決して悪いことではありません。

しかし、必修化されるからという理由だけで何も考えず、ただ受け身の姿勢になるのは注意が必要だと思います。

  • 「英語やプログラミングをなぜ学ぶ必要があるのか?」
  • 「英語やプログラミングを学ぶと何に役立つのか?」
  • 「英語やプログラミングを学ぶと将来の選択肢がどう広がるのか?」

このような本質を親御さんもしっかりと考え、子供に伝えていく必要があります。

本質がわからず受け身でただ学ぶだけになると、苦痛に感じてしまう子供もいるでしょう。

このようなことにならないように、親御さんも英語とプログラミングの必修化の本質や問題点をしっかり考えていかなければなりません。

英語やプログラミングは今後間違いなく必要なスキルです。

特にプログラミングスキルを身につけておけば、これからの時代において確実に有利になります。

しかし、学校で習うのは基礎的な内容になるので、本格的な内容まで深く学ぶのは難しいでしょう。

もしあなたがご自分のお子さんに本格的なプログラミングスキルを身につけてほしければ、プログラミングスクールに通わせることをおすすめします。

学校とプログラミングスクールの両方で学ぶことで、本格的なプログラミングスキルを身につけることができるはずです。

小中高生におすすめのプログラミングスクール

ちなみに、小中高生が本格的にプログラミングを学べるおすすめのスクールは以下になります。

どのプログラミングスクールも説明会や体験会は無料ですし、オンラインで場所を選ばず参加できて特にデメリットもありません。

申し込みは3分もあれば完了するので、一度サクッと参加してみてはいかがでしょうか!

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事が、「英語とプログラミングの必修化の本質」について考えるキッカケになれば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】プログラミング学習Tips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どれにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。