【30代必見】女性が未経験からプログラミングを学びWeb系エンジニアになる4つのメリット

main-image
将来のライフプランから転職を考えているけど、どの職業にしたらいいんだろう…エンジニア転職に興味はあるけど、実際のメリットが知りたい…

なんて悩んでいませんか?

特に女性は年齢を重ねるにつれ将来的な悩みも増えてくるので、悩んでしまうのも無理はありません。

明確なメリットがないと、なかなか新しいことを始められない気持ちもよくわかります。

新しいことをを始めるには、始めるべき理由を知ることも大切です。

始めるべき理由がわからないと、

「将来のためにプログラミングを学んだ方がいいのかな…でも、本当に意味あるのかな…」

という考えが、ずっと頭の中をぐるぐる巡ったりなんてことも。

そこでこの記事では、女性が未経験からプログラミングを学びWeb系エンジニアになるメリットを解説していきます。

この記事を読んでWeb系エンジニアになるメリットがわかれば、最初の一歩を踏み出しやすくなります。

女性が未経験からプログラミングを学びWeb系エンジニアになるメリットは、次の4つになります。

  1. 性別に左右されない客観的な評価を受けやすい
  2. 産休・育休後の復職がしやすい
  3. 住む場所によるキャリアへの影響が少ない
  4. 経済的な自立がしやすい

僕はIT・Web業界で10年以上仕事をしていまして、何人もの女性エンジニアと仕事をしてきました。

そのような経験もふまえつつ、それぞれ詳しく解説していきます。

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

この記事はこんな人におすすめ

  • これからプログラミングを始めようとしている女性
  • プログラミングを始めたばかりの女性
  • エンジニアへのキャリアチェンジを目指す女性

女性が未経験からプログラミングを学びWeb系エンジニアになる4つのメリット


Web系エンジニアは非常に需要が大きくフリーランス案件も充実しているので、柔軟な働き方がしやすいです。

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば、ご自身のキャリアにおけるステップアップのチャンスを逃すことなく、生活スタイルや住む場所を大きく変えることも可能です。

このような魅力的な特徴は、これから解説する4つメリットによるものです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

性別に左右されない客観的な評価を受けやすい

女性が未経験からWeb系エンジニアになるメリット①【性別に左右されない客観的な評価を受けやすい】
Web系エンジニアは、スキルや成果が見える化しやすいという特徴があります。

他の職業と比べると、非常に客観的な人事評価ができます。

もちろん以下のようなことすべてを、完全に定量化できるわけではありません。

  • PythonやRubyなどのプログラミング言語が使える
  • インフラのアーキテクチャ設計ができる
  • 難易度が違うタスクを一定期間でどの程度消化したか
  • チームの生産性向上にどの程度貢献したか

しかしご自身のスキルセットや出した成果が十分に可視化できるので、理不尽な評価は受けにくくなります。

モダンなWeb系自社開発企業などには、世の中の流れに敏感な人が集まっています。

多くの場合「ダイバーシティ (多様性) 」にとても気を配っています。

特に若い世代のエンジニアほど「女性差別」や「LGBT差別」などにはとても敏感で、差別に嫌悪感をもっている人が多いです。

Web業界は横のつながりが強いので、「Aという会社は女性エンジニアを差別している。」このような話が出ると、すぐに悪評が広まってしまいます。

そのため、女性に対して理不尽な評価をしにくい環境や仕組みがすでにできあがっているわけです。

Web系自社開発企業などでは、十分な実力があれば性別に関係なく、どんどん昇進できると思います。

現時点では、ある程度有名なWeb系自社開発企業において、女性CTOはほとんどいません。

理由は「CTOになりたい」と思っている女性エンジニアがまだかなり少なく、スタートアップを始める女性エンジニアも多くないためです。

これにより必然的に、CTOなどの上位マネジメント職種がほぼ男性になっているだけなので、女性はCTOになれないということではありません。

ご自身が望んで努力すれば性別に関係なくCTOになれますし、近い将来、そういう人たちが増えてくると思っています。

産休・育休後の復職がしやすい

女性が未経験からWeb系エンジニアになるメリット②【産休・育休後の復職がしやすい】
ご出産を選択しない人もいらっしゃると思いますし、人それぞれ様々な価値観があると思います。

ただ多くの女性が、出産や育児をライフプランに入れていると思いますので、復職がしやすいというのは大きなメリットになるかと。

ちなみにこの復職は、元の会社への復帰というより、

  • 職業への復帰
  • 仕事への復帰

これらの意味合いが強いです。

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば、IT業界全体が職場となります。

個々の会社は「一時的なプロジェクト」と捉えることができるので、復職の際に元の会社に復帰する必要はなくなるわけです。

Web系エンジニアはフリーランス案件が充実しているので、新しい現場も選びやすいです。

ご出産前に人脈をしっかり構築しておけば、「週3〜4日フルリモート勤務」のような案件も獲得できるかと思います。

お子さんが小さいうちはそのような案件からリハビリをして、勘やスキルを取り戻してから徐々にフルタイムの仕事に戻していくことも可能です。

他の職業だと復職する際に、元の会社以外に行き場が見つからないという場合が多いです。

そして育児をしながらの勤務だと、以前よりキャリアダウンした仕事しか任せてもらえなくなりがちです。

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば、復職直後は勘やスキルを取り戻すのに少し苦労するかもしれませんが、すぐに面白くて条件の良い仕事をいくらでも獲得できます。

住む場所によるキャリアへの影響が少ない

女性が未経験からWeb系エンジニアになるメリット③【住む場所によるキャリアへの影響が少ない】
これはリモートワークがしやすいというのが、大きな理由になります。

例えばパートナーが海外に転勤になって一緒に引っ越す場合でも、海外に住みながら日本の仕事をすることが可能です。

あるいはお子さんの状況に合わせて引っ越す場合でも、リモートワークが可能なのでご自身のキャリアアップを諦める必要がないというのも、Web系エンジニアのメリットの1つです。

日本の特定の地域に特化した他の職業だと、パートナーの転勤や海外移住などの際に、

  • 仕事を取るか
  • 家庭を取るか

という選択をしなければいけない状況もあり得ます。

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば、そのような心配をする必要がなくなります。

パートナーやご自身のキャリアアップのチャンスを逃すことなく、これまでの生活を維持しつつ、住む場所や生活スタイルを変えることができます。

この柔軟性は、Web系エンジニアの大きなメリットだと思います。

経済的な自立がしやすい

女性が未経験からWeb系エンジニアになるメリット④【経済的な自立がしやすい】
突然ですが、日本の離婚率をご存知ですか?

日本の離婚率は約35%です。

つまり、3組のうち1組が離婚するという計算です。

これはかなり高い割合ですよね。

もし離婚してシングルマザーになった場合でも、仕事や生活に大きな影響が出ないように十分な心構えと備えをしておく必要があります。

Web系エンジニアはこのような場合の備えとしても、とても安心感がある職業です。

Web系エンジニアは非常に需要が大きく、フリーランス案件も充実しています。

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになり、人脈もしっかりと構築していれば、シングルマザーになった場合でも良い仕事はいくらでも見つかります。

ワーキングプアに陥る可能性も低くなります。

このような点も、Web系エンジニアの大きなメリットの1つです。

経済的に自立していれば、パートナーのDVやモラハラなどがある時はいうまでもないですが、

  • 価値観が違いすぎる
  • 一緒にいる意味をまったく感じられない

このような時に経済面の心配から別れを切り出せず、自分を押し殺して我慢する必要がなくなるわけです。

我慢せずきっぱりと関係を切って新しい人生を踏み出すことが、後悔の少ない人生を送る上では大切なことだと思います。

プログラミングに向かない人の3つの特徴

プログラミングに向かない人の3つの特徴
女性がWeb系エンジニアになる4つのメリットを解説しましたが、残念ながら誰でもプログラミングができるようになるわけではありません。

プログラミングには向き不向きがあります。

そこでここからは、そもそもプログラミングに向かない人の3つの特徴を解説します。

Web系エンジニアを目指すかどうかの判断材料にしていただければと思います。

ものごとを構造的に考えることや論理的思考が苦手

プログラミングには「論理的思考」が必要でして、訓練次第で誰でもできるようになります。

しかしそもそも、ものごとを構造的にとらえ論理的に考えることが苦手で、嫌悪感を持つ人もいます。

そのような人は、プログラミングには向かないでしょう。

自分で調べて解決していくことが苦手

プログラミングは、常に誰かが手取り足取り教えてくれるわけではありません。

バグやエラーを解消しないといけない時など、壁にぶつかり行き詰まることは多々あります。

基本的にそれらは、自分で解決して乗り越えなければいけないことが多いです。

わからないことは自分から積極的に調べ、解決していくことになります。

そのようなことが苦手で、常に誰かに指示をもらわないと動けない、マニュアル通りにしか対応できないという人は、プログラミングには向かないでしょう。

コツコツと地道に作業することが苦手

プログラミングは、作りたいシステムや実現したい機能に合わせてタスクを細分化し、コツコツとコードを書いていくことになります。

それはとても地道で、気の遠くなるような作業です。

そのような作業が苦手で嫌悪感を持ってしまう人は、プログラミングには向かないでしょう。

プログラミングに向かない人の3つの特徴を解説しましたが、あなたはこれらに当てはまりますか?

もしそうであれば、プログラミングに嫌悪感を持ってしまうかもしれませんし、苦労するでしょう。

そのような時は、無理にプログラミングをやらなくてもいいと思います。

楽しくなければ長続きしないので…

ちなみに、女性はプログラミングが苦手だと思われることもありますが、プログラミングに性別は関係ありません。

詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

関連記事: 女性はプログラミングが苦手?→プログラミングに性別は関係ありません!

プログラミングを始めようか悩んでいる女性が使えるズルい裏技


実は、プログラミングを始めようか悩んでいる女性が使える「ズルい裏技」があります。

賢い人はみんな使っている技になります。

その方法については、以下の記事で紹介しています。

きっと役立つはずですので、ぜひ試してみてください。

関連記事: プログラミングを始めようか悩んでいる女性が使えるズルい裏技

まとめ【一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば多くのメリットを享受できる】

今回の内容をまとめていきます。

  1. 性別に左右されない客観的な評価を受けやすい
  2. 産休・育休後の復職がしやすい
  3. 住む場所によるキャリアへの影響が少ない
  4. 経済的な自立がしやすい
  1. ものごとを構造的に考えることや論理的思考が苦手
  2. 自分で調べて解決していくことが苦手
  3. コツコツと地道に作業することが苦手

人によって様々な考え方があると思いますが、一定のスキルをもつWeb系エンジニアになると、

  • 人生の自立度
  • 人生の柔軟度
  • 人生の安心度

これらが飛躍的に高まることは間違いないです。

このような点に魅力を感じるなら、将来の職業の選択肢にWeb系エンジニアを加えてみてはいかがでしょうか。

この記事をご覧になっているということは、少なからずプログラミングに興味があるのではないでしょうか?

もしそうであれば、とにかくまずはプログラミングをやってみてください!

一定のスキルをもつWeb系エンジニアになれば、あなたが望むワークスタイルやライフスタイル、キャリアを手に入れることに確実につながります。

あなたが「プログラミング」や「エンジニアになること」に興味があれば、ぜひ行動を起こしてください。

プログラミングを始める価値については以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

関連記事: 今から始める?プログラミングを始めるメリットを経験者が徹底解説

【厳選3校】女性におすすめのプログラミングスクール

ちなみに、プログラミングを学んでみたい女性におすすめのスクールは次の3校になります。

女性におすすめの理由などは以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

関連記事: 【厳選3校】女性におすすめのプログラミングスクール

どのスクールも資料請求はもちろん、体験レッスンや説明会も無料ですし、オンラインで場所を選ばず参加できて特にデメリットもありません。

申し込みは3分もあれば完了するので、一度サクッと参加してみてはいかがでしょうか!

おすすめの一冊

これからプログラミングをはじめる人や駆け出しエンジニアの人は、必読の一冊です。

Web系エンジニアの将来性や学習方法、エンジニア転職のためのロードマップまでわかりやすく解説されています。

忘れないうちに購入して手元に置いておき、いつでも読めるようにしておきましょう。

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】プログラミングで稼ぐためのTips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どれにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。