フリーランスエンジニアに必要な5つのマインドセットを解説

フリーランスエンジニアは技術のほかに何が必要?どんなマインドを持てばいいの?

なんて悩んでいませんか?

フリーランスエンジニアは魅力的な職業ですが、簡単に結果を出せるわけではないので、悩んでしまうのも無理はありません。

フリーランスエンジニアとして結果を出すなら、結果を出すためのマインドセットを身につけることが大切です。

必要なマインドセットが身についていないと、いざフリーランスエンジニアになってから「全然稼げない…」、なんてことになりかねません。

そこでこの記事では、フリーランスエンジニアに必要なマインドセットを解説していきます。

この記事を読んで必要なマインドセットを把握すれば、フリーランスエンジニアとして結果を出しやすくなります。

フリーランスエンジニアに必要なマインドセットは、次の5つになります。

  1. 人間力を磨こう
  2. 探究心・向上心をもち続けよう
  3. 主体性・積極性をもとう
  4. 検証・改善思考を身につけよう
  5. 継続力・忍耐力をつけよう

それぞれ詳しく解説していきます。

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

この記事はこんな人におすすめ

  • フリーランスエンジニアを目指すプログラミング初心者や未経験者

フリーランスエンジニアに必要な5つのマインドセット

フリーランスエンジニアに必要な5つのマインドセットをそれぞれ解説していきます。

人間力を磨こう

人間力を磨こう
フリーランスエンジニアが仕事を獲得するには技術も大切です。

ですが、他にも以下のような大切なことがあります。

  • 信頼性
  • 傾聴力
  • 積極性
  • 情熱性

ビジネスにおいては「信頼」がとても大切。

相手に信頼して仕事を任せてもらうためには、人間力が必要です。

人間力を磨き、あなたの魅力を高めていきましょう。

探究心・向上心をもち続けよう

探究心・向上心をもち続けよう
探究心・向上心がある人はつねに勉強ができるので、フリーランスエンジニアとしての価値も上がりやすいです。

  • もっと効率化できる方法はないか?
  • もっと生産性を上げる方法はないか?
  • もっと他にいいやり方がないか?

このようにモノゴトを深く考え自主的に追い求める姿勢は、レベルアップや能力の向上には欠かせません。

わからないことや気になることがあったら、まずはすぐに調べる (ググる) クセを付けることから始めるのがおすすめです。

主体性・積極性をもとう

主体性・積極性をもとう
フリーランスエンジニアには、主体性をもち自分からどんどん提案していく積極的な姿勢が必要です。

  • クライアントの言いなりになるのではなく、自分の意見を持って取り組む
  • クライアントに対してつねに提案できるようにする
  • 言われる前に先回りして積極的に動く

このように「案件やプロジェクトを自分がハンドリングして成功に導く」、という意識をもって取り組むことが大切です。

検証・改善思考を身につけよう

検証・改善思考を身につけよう
フリーランスエンジニアはつねに検証と改善を繰り返し、PDCAのサイクルを回していくことがとても重要です。

  • 作業時間 (業務効率) についての検証・改善
  • プロモーションについての検証・改善
  • 単価についての検証・改善

フリーランスエンジニアはすべての仕事を自分で管理していくことになります。

一日の中で自分の仕事や作業にたいしての検証・改善を考える時間を作るようにしましょう。

継続力・忍耐力をつけよう

継続力・忍耐力をつけよう
フリーランスエンジニアには、稼げない期間もあきらめずにやるべきことをきちんとやる継続力・忍耐力が必要不可欠です。

  • 結果が出るまでコツコツと積み上げる
  • 目標に向かって諦めず努力を続ける
  • やるべきことを粛々とこなす

フリーランスエンジニアになってもすぐに稼げる人は多くありません。

はじめはなかなか仕事もなく稼ぐことが難しい期間が続きます。

やるべきことをコツコツとやり通す力をつけましょう。

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット
フリーランスエンジニアを目指すならメリット・デメリットも把握しておいたほうがいいかと思いますので、紹介しておきますね。

  • 他の就労形態と比較して高単価
  • 会社を頻繁に移っても職歴が増えない
  • 選択ミスにたいしてリカバリーがしやすい
  • 案件の掛け持ちが可能
  • 週に数日程度やリモートワーク可能な案件が増えてきた
  • 基本的に面接が1回だけ
  • 疎外感を感じやすい
  • 決裁権や裁量権がない
  • 有期契約である
  • 税務関係の作業が発生する

詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

【フリーランスエンジニアの実態】メリット・デメリットを解説!

Web系エンジニアのリスク

Web系エンジニアのリスク
フリーランスエンジニアを目指すなら、まずはWeb系エンジニアのリスクも把握しておいたほうがいいかと思いますので、紹介しておきますね。

  1. 年齢
    50代以上の正社員の求人が非常に少ない
  2. 勉強
    一定レベルを保つにはプライベードでも勉強が必要
  3. 好奇心
    技術にたいする興味関心が薄れていく可能性がある

詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

Web系エンジニアを目指すなら押さえるべき3つのリスクを解説

Web系エンジニアに向いてない人

Web系エンジニアに向いてない人
フリーランスエンジニアを目指すなら、Web系エンジニアの向き不向きも把握しておきましょう。

  1. 1つの会社で逃げ切ろうとしている
  2. キャリア形成を会社任せにする
  3. プライベートでは仕事絡みの付き合いはしない
  4. 習得したスキルをできるだけ長く使おうとする
  5. 情報発信をしない

詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせてご参考にしてください。

【特徴は5つ】Web系エンジニアに向いてないのはどんな人?

まとめ【個人のブランド力を磨いて差別化しよう】

今回の内容をまとめていきます。

  1. 人間力を磨こう
  2. 探究心・向上心をもち続けよう
  3. 主体性・積極性をもとう
  4. 検証・改善思考を身につけよう
  5. 継続力・忍耐力をつけよう

フリーランスエンジニアは、会社のブランド力ではなく個人のブランド力で勝負することになります。

相手に自分を選んでもらえないと仕事になりません。

つまり、個人の人間性やブランド力を磨くことが必要不可欠ということ。

「フリーランスエンジニアになりたい!」と頑張る中では、どうしても技術を伸ばすことだけに集中しがち。

プログラミングの勉強などに忙しいと思いますが、それはフリーランスエンジニアを目指す人なら誰しもみんながやることです。

それ以外の部分で差をつけ、あなたなりの差別化要素を作ることが大切。

その差別化要素が、仕事を取ることや稼ぐことにつながります。

そのために必要なマインドセットを身につけるために、この記事で解説した内容を意識して取り組んでいってください。

フリーランスエンジニアになる前に、まずはWeb系エンジニアの詳細を把握するのも大切です。

そこでおすすめなのが以下の本です。

おすすめの一冊

これからプログラミングをはじめる人や駆け出しエンジニアの人は、必読の一冊です。

Web系エンジニアの将来性や学習方法、エンジニア転職のためのロードマップまでわかりやすく解説されています。

忘れないうちに購入して手元に置いておき、いつでも読めるようにしておきましょう。

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】プログラミングで稼ぐためのTips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。