高校生からのプログラミング学習が遅いことはない3つの理由とメリットを解説

main-image
  • 「プログラミングを学習したいけど、高校生からでは遅い?」
  • 「高校生からでもプログラミングを学習するメリットを知りたい」
  • 「これからの進路に迷っている…」

なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか?

この記事を読めば、もう高校生からのプログラミング学習について悩むことはありません。

「あなたのプログラミング学習のために」

ぜひ役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • 高校生からのプログラミング学習が遅いことはない理由
  • 高校生からプログラミング学習を始めるメリット

この記事はこんな人におすすめ

  • これからプログラミングを始めようとしている高校生
  • プログラミングを始めたばかりの高校生

記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介します。

記事の信頼性

【1日12時間×3年】→ 30歳からプログラミングを独学
【取締役・フルスタックエンジニア】→ Web系ベンチャー企業にて
【合計2万ユーザー以上】→ 開発したWebサービスにて
【2,800万円の資金調達】→ 開発したWebサービスにて
【新規事業企画】→ AIベンチャー企業にて

まずは結論から

高校生からプログラミング学習を始めるのはまったく遅いことはありませんし、むしろメリットしかありません。

具体的なメリットは主に以下の3つになります。

  1. 能動的にインプット・アウトプットができるようになる
  2. どの企業からも欲しがられる人材になれる=市場価値があがる
  3. 自分の人生に自信を持つことができる

この記事をご覧になっているということは、少なからずプログラミングに興味があるのではないでしょうか?

もしそうであれば、その時点で他よりも一歩前に進んでいます。

せっかく興味があるのであれば、とにかくまずはプログラミングをやってみてください!

学び方も学ぶ言語もなんでもOKです。

そして可能であれば、エンジニアになるという挑戦をしてみてください。

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアになりました。

そしてITベンチャー企業で「フルスタックエンジニア・取締役COO」を務めました。

これまで複数のWebアプリやスマホアプリを開発し、ローンチもしています。

開発したプロダクトで2,800万円の資金調達もしました。

その中で何度も「もっと早くからやっていればよかった…」と思いました。

その僕からすると高校生からプログラミング学習を始めるのは、早くてうらやましいです。

あなたは「とりあえず大学に入ろう」と思っていますか?

もしそうであれば、夢や目標もなくただ大学に入ることはおすすめしません。

極端なことを言うと、その時間をすべて本気でプログラミング学習に使ったほうがいいと思います。

もし大学に入るのであれば「コンピュータサイエンス」を学べる大学や学部をおすすめします。

「なぜここまで強く言うのか?」

それは、僕が何の目的もなく大学に入ったからです。

その結果、バイトと飲み会ばかりの無駄な時間を過ごしました…

あなたには僕と同じような失敗をしてほしくないのです。

高校生からプログラミング学習を始めるということは、他よりも早く成功体験をつかむことができるということです。

その理由と具体的なメリットを、それぞれわかりやすく解説していきますね。

高校生からのプログラミング学習が遅いことはない理由①【能動的にインプット・アウトプットができるようになる】

プログラミングは常に誰かが手取り足取り教えてくれるわけではありません。

バグやエラーを解消しないといけない時など、壁にぶつかり行き詰まることは多々あります。

基本的にそれらは、自分で解決して乗り越えなければいけないことが多いです。

わからないことは自分から積極的に調べて解決していくことになります。

つまり、インプットする力が身につきます。

インプットした知識はWebサイト制作などを通して、アウトプットすることになります。

すると、アウトプットする力も身につきます。

大学に入るのは何か夢や目標、目的があればいいと思います。

しかし、通常の4年制大学などではアウトプットする機会が圧倒的に少ないです。

それと比例してアウトプットに必要な知識や経験をインプットする機会も少ないのが現状です。

仕事をする上では「能動的にインプット・アウトプットする力」は、とても大切です。

この力がないと「仕事ができる人」にはまずなれません。

プログラミング学習を通して「能動的にインプット・アウトプットする力」を身につけることは大きなメリットになります。

高校生からのプログラミング学習が遅いことはない理由②【どの企業からも欲しがられる人材になれる=市場価値があがる】

IT革命・DXは始まったばかりで、まだまだこれから進化していきます。

その中心にいるのが、プログラム (コード) を書くエンジニアです。

エンジニアの市場価値はこれからまだまだ高まっていきます。

将来的にプログラミングの手法やツールは変わるかもしれません。

しかし、

  • システムを設計する
  • プログラム (コード) を書く
  • ソフトウェアを生み出す

これらができる人の需要は、これからも間違いなく増え続けます。

  • 世界の有名トップ企業
  • 数年で上場した企業
  • 巨額の資金調達をしているスタートアップ企業

これらのほとんどは、エンジニアが主役のテクノロジー企業です。

AI (人工知能) がどんなに進化したとしても、エンジニアの代わりとなるのは難しいでしょう。

「システムを設計する」・「ソフトウェアを生み出す」というのは、人のアイデアを具現化するということです。

それは自動化できるような単純な作業ではありません。

すべてをAIができるようになる世の中を想像してみてください。

それはそもそも人が働かなくていいということです。

それはおそらくまだまだ先の話でしょう。

「利便性」や「アイデア」を形にしていくのは、これからもエンジニアの仕事です。

多くの企業がエンジニアを欲しがっているので、エンジニアとして食いっぱぐれることはまずありません。

需要が高まり続ける仕事ということは、報酬も上がりやすいということです。

努力を継続して、エンジニアとして実務経験を2〜3年ほど積んでみてください。

すると、フリーランスとしてサラリーマンの平均給与以上を稼ぐことは簡単なはずです。

高校生からのプログラミング学習が遅いことはない理由③【自分の人生に自信を持つことができる】

人が幸せに生きるために欠かせないことは「自分の人生に満足している」ことです。

  • 「自分の人生は最高だ。」
  • 「自分は価値ある人間だ。」
  • 「生まれてきて良かった。」

このように思えた時に人は自分の人生に充実感を感じ、幸せに生きることができます。

高校生からプログラミング学習を始めてエンジニアになるという選択は、このような「自信」を得やすいです。

エンジニアになることは、「0」から医者や弁護士を目指すよりハードルは低いです。

しかし、簡単なことではありません。

プログラミング学習を始めると、毎日わからないことだらけで心が折れそうになります。

そして「自分には向いてないかも…」と思い悩みます。

僕もそうでした。

しかし、そこで諦めずにコツコツ続けてください。

気づけばある時から悩んでいたのが嘘のように、プログラミングができるようになっているはずです。

「エンジニアになれた」という実績は「自信」と「誇り」になります。

エンジニアになることは決して簡単ではありません。

しかし、諦めずに努力を継続すれば「確実に」成功体験をつかむことができるといっても過言ではありません。

この「確実に」ということが重要です。

強い成功体験は「人生を一変」させます。

市場から評価される経験は「自分への自信」につながります。

「自信がない人」や「不安な人」ほど行動することを恐れず、大胆な挑戦が必要だと僕は思います。

  • なんとなく大学に入る
  • やりたいこともなく行動ができない
  • 人生の貴重な時間を浪費してしまう

このようなことは避けなければいけません。

IT化・DXが進んでいくこれからの世界においては、プログラミング学習に時間を使うことを強くおすすめします。

諦めずに続ければ、「確実に」成功体験をつかむことができるはずです。

プログラミング学習を始めようか悩んだ時に使える裏技

実は、プログラミング学習を始めようか悩んだ時に使える「裏技」があります。

その方法については、以下の記事で紹介しています。

きっと役立つはずですので、ぜひ試してみてください。

【裏技】「高校生からプログラミングって遅いのかな…」と悩んでるならこの技を使うべし!

まとめ

  1. 能動的にインプット・アウトプットができるようになる
  2. どの企業からも欲しがられる人材になれる=市場価値があがる
  3. 自分の人生に自信を持つことができる

今あなたは、「プログラミングを始めたい!」と思っていますか?

もしそうであれば、ぜひ今からパソコンを開いてプログラミングをやってみてください!

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアになりました。

「もっと早くからやっていればよかった…」と何度も思いました。

その僕からすると高校生からプログラミング学習を始めるのは、早くてうらやましいです。

今はプログラミング学習もやりやすくなっていると思います。

プログラミングスクールもたくさんあり充実しています。

これらを使えば基礎的なことなら無料で学べます。(一部有料)

本屋に行けば有益な関連書籍がたくさん売っています。

ネットで買うこともできます。

CODEGYM Monthly」などを使えば、メンターと一緒に学習を進めることができます。

メンターのメリットをわかりやすく解説

まずは数時間 (できれば10時間ほど)、実際にプログラミングを体験してみることをおすすめします。

その上で「向き・不向き」を判断してみてもらいたいと思います。

  • 物事を構造的に考えることが苦手
  • 論理的思考が苦手

あなたはこれらに当てはまりますか?

もしそうであれば、プログラミングには苦労するかもしれません。

嫌悪感を持ってしまう場合もあるかもしれません。

そのような時は無理に続けないほうがいいかなと思います。

楽しくなければ長続きしないので。。

  • 「もうちょっとやってみたいな。」
  • 「楽しく続けられそうだな。」

このように思ったら、無理せずコツコツと続けてみてください。

学び方も学ぶ言語もなんでもOKです。

まずは軽く自分でスタートしてみることをおすすめします。

挫折しそうな場合や本格的に学びたい場合は、プログラミングスクールを検討してみてください。

プログラミングの独学が難しい4つの理由と挫折率を下げる方法をわかりやすく解説

  • 単純に僕自身がプログラミングが好き
  • モノづくりがとても好き

これが僕が「プログラミング学習」や「エンジニアになること」をおすすめする一番の理由です。

ゲーマーがゲームが好きで面白いと感じるのと同じようなものです。

僕にとってはゲーマーのそれがプログラミングなんですね。

もしあなたが本気で、

「プログラミングを学びたい!」
「エンジニアを目指したい!」

と思うのであれば、ぜひチャレンジしてみてください!

どうしても踏ん切りがつかなければ、親御さんに相談したり、以下の記事で紹介している方法も試してみてください。

きっと役に立つはずです。

【裏技】「高校生からプログラミングって遅いのかな…」と悩んでるならこの技を使うべし!

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事が、あなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にくださいね。

おすすめの一冊

「あなたはプログラミングスキルを身につけたら、どんな未来を歩みたいですか?」

プログラミング学習Tips

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!