30代でプログラミングを独学した僕の「リアルな体験談」をお話します【独学の目的や進め方も紹介】

main-image

プログラミングの独学に悩んでいる人」や「プログラミングの独学を頑張る人」のために、

独学を「1日12時間を3年」やった僕の「リアルな体験談」を記事にしました。

あなたのプログラミング学習のために

ぜひ役立ててくださいね!

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミングの独学に悩んでいる人
  • プログラミングの独学を頑張る人

記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介します。

記事の信頼性

【1日12時間×3年】→ 30歳からプログラミングを独学
【取締役・フルスタックエンジニア】→ Web系ベンチャー企業にて
【合計2万ユーザー以上】→ 開発したWebサービスにて
【2,800万円の資金調達】→ 開発したWebサービスにて
【新規事業企画】→ AIベンチャー企業にて

まずは結論から

実際にプログラミングの独学を経験した僕からいえることは、以下のとおりです。

  • プログラミングスキルの習得は独学でも可能
  • 独学の場合は「自己管理」や「学ぶ環境」がとても大切
  • 基礎を素早く習得して足りないスキルは実践で習得するのがおすすめ
  • プログラミングスクールで基礎スキルを習得することも一つの手段

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングの独学をスタートし、エンジニアになりました。

そしてITベンチャー企業で「フルスタックエンジニア・取締役COO」を務めました。

これまで複数のWebアプリやスマホアプリを開発し、ローンチもしています。

開発したプロダクトで2,800万円の資金調達もしました。

独学は「1日12時間を3年」やりました。。

独学していた頃を振り返ってみると、学習中は一人で孤独でした。

一緒に頑張る仲間もいませんでした。

わからないことが出てきたときに質問できる相手もいませんでした。

そのため余計に学習時間がかかったと思います。

そして何度も挫折しそうになりました。

その独学の「リアルな体験談」を、独学の目的や進め方など実例もまじえながらお話していこうと思います。

プログラミングの独学の目的は?

まず、僕がプログラミングスキルを身につける目的は以下の3つでした。

  1. HTML/CSSの知識は多少あったので、さらにスキルアップしたかった
  2. 自分の手で自社プロダクトを作りたかった
  3. 稼げるスキルを身につけたかった

これらの目的を達成するために「プログラミングスキルを身につけよう!」と決めました。

その方法として「独学」を選択しました。

プログラミングの独学の進め方は?

僕がどのようにプログラミングの独学を進めたのか、お話していきます。

僕はもともとHTML/CSSの知識は多少ありました。

そのため、HTML/CSSと合わせて使える「サーバーサイド言語」を習得し、スキルアップしたいと考えていました。

そこで「独学でも習得しやすいサーバーサイド言語はどれか?」を、いろいろ調べました。

まずPHPから独学をはじめました

僕はPHPから独学をはじめることにしました。

  • PHPを選んだ理由
  • PHPを独学してみての実際の感想

それぞれお話していきます。

PHPを選んだ理由

当時勤めていた会社で自社プロダクトを作ることになりました。

僕はプログラミングスキルを習得したいと考えていたので、プロダクトを開発するエンジニアに立候補しました。

先輩エンジニアさんからのすすめもあり、PHPで開発することに。

でもこの時点では、プロダクトを作れるようなプログラミングスキルはありません。

そこからPHPの猛勉強の日々がはじまりました。

実際にPHPを独学してみての感想

PHPは構文がシンプルでわかりやすく、扱いやすいプログラミング言語です。

例えば、変数や定数の「型」もあまり厳しくありません。

専用の開発ツールがなくてもテキストエディタなどで書くことができます。

とても学びやすい言語だと感じました。

プログラミング未経験者にもおすすめの言語だといえます。

ただし、PHPはデータベース(MySQLなど)と合わせて使うことが求められる場合が多いです。

そのためMySQLなどの学習も必要です。

僕もPHPと合わせてMySQLも必死に学習しました。

次にJavaScriptを独学しました

PHPを習得したあとは、JavaScriptを独学しました。

  • JavaScriptを選んだ理由
  • JavaScriptを独学してみての実際の感想

それぞれお話していきます。

JavaScriptを選んだ理由

PHPを猛勉強し使いこなせるようになった頃、プロダクトのWebページ(フロント側)に様々な動きをつけることが求められるようになりました。

PHPはサーバーサイド言語なので、Webページに動きをつけることには適していません。

そのため、Webページに動きをつけるプログラミング言語としてJavaScriptの習得が必要に。

この時点では、なんとなくJavaScriptを使える程度のスキルしかありませんでした。

そこからJavaScriptの猛勉強の日々がはじまりました。

実際にJavaScriptを独学してみての感想

JavaScriptはWebページに動きをつける言語です。

ブラウザとテキストエディタエディタがあれば動かすことができます。

とても学びやすい言語だと感じました。

プログラミング未経験者にもおすすめの言語だといえます。

ただし、JavaScriptは「HTML/CSSと合わせたフロントエンドのスキル」が求められる場合が多いです。

そのためHTML/CSSなどの学習も必要です。

次にSwiftを独学しました

JavaScriptを習得したあとは、Swiftを独学しました。

  • Swiftを選んだ理由
  • Swiftを独学してみての実際の感想

それぞれお話していきます。

Swiftを選んだ理由

猛勉強の甲斐もあり、自社プロダクトのWebブラウザ版をローンチすることができました。

ユーザー数も徐々に増えていきました。

その頃にアプリ版を開発することになりました。

アプリ版はiOSアプリから開発することになりました。

そのため、iOSアプリの開発言語としてSwiftの習得が必要に。

この時点では、iOSアプリを作れるスキルはありませんでした。

そこからSwiftの猛勉強の日々がはじまりました。

実際にSwiftを独学してみての感想

Swiftは構文がシンプルでわかりやすく、コードが書きやすい言語です。

少ないコード量でプログラムが書けます。

とても学びやすい言語だと感じました。

iOSアプリは「Objective-C」というプログラミング言語で開発することもできます。

しかし、Objective-CよりもSwiftのほうが圧倒的にわかりやすく、開発しやすいです。

Swiftはプログラミング未経験者や初心者にもおすすめの言語だといえます。

ただし、iOSアプリを開発するためには「Xcode(統合開発環境)」が必要です。

そのため、Xcodeの設定や使い方の学習も必要となります。

僕もまずはXcodeの設定や使い方から必死に学習しました。

次にJavaを独学しました

Swiftを習得したあとは、Java(Android Java)を独学しました。

  • Javaを選んだ理由
  • Javaを独学してみての実際の感想

それぞれお話していきます。

Javaを選んだ理由

Swiftを猛勉強した甲斐もあり、自社プロダクトのiOSアプリをローンチすることができました。

Webブラウザ版と合わせて、ユーザー数も増えていきました。

その頃にAndroidアプリを開発することになりました。

そのため、Androidアプリの開発言語としてJava(Android Java)の習得が必要に。

この時点では、Androidアプリを作れるスキルはありませんでした。

Javaの基礎から学習する必要がありました。

Javaの猛勉強の日々がはじまりました。

実際にJavaを独学してみての感想

Javaは他のプログラミング言語の基礎となる言語でもあります。

「習得することで多くのメリットがある言語」です。

例えばAndroidアプリを開発したい場合、Javaを習得していれば「Android Java」で開発することができます。

ただし、Androidアプリを開発するためには「Android Studio(統合開発環境)」が必要です。

そのため、Android Studioの設定や使い方の学習も必要となります。

僕もまずはAndroid Studioの設定や使い方から必死に学習しました。

Javaはプログラミング未経験者や初心者には、少し難しい言語だと思います。

習得するためには、ある程度腰をすえて学習する必要があります。

独学で習得できたプログラミング言語は?

独学で習得できたプログラミング言語は以下のとおりです。

  • PHP(ピーエイチピー)
  • MySQL(マイエスキューエル)
  • JavaScript(ジャバスクリプト)
  • Swift(スウィフト)
  • Java(ジャバ) ※Android Java含む

合わせて「AWS」や「Firebase」など、サーバー周りや開発プラットフォームの経験を積むこともできました。

PHPからJavaにいたるまでは、「1日12時間を3年」やりました。。

どのプログラミング言語についても、ある程度基礎をやったらすぐに実践という形をとりました。

「自社プロダクト開発」という大きな目的があったので、長々と基礎学習をやっている時間はありませんでした。

でも、逆にそれがよかったと感じています。

やりながら改善していく

これが成長を早める秘訣かなと。

これらを通じて様々な経験を積み、大きく成長できたと思います。

実際にプログラミングを独学して感じたメリット・デメリットは?

「1日12時間を3年」やって実際に感じた、独学の「メリット・デメリット」を紹介します。

他にもメリット・デメリットはあると思いますので、あくまで参考程度にどうぞ。

プログラミング独学のメリット

  1. 経済的な負担が小さい
  2. 自己管理力が高く、要領がいい人は独学のほうが効率がいい
  3. 自分で考え、自分で解決する力が身につく

プログラミング独学のデメリット

  1. 「何を」・「どのように」進めればいいのかわからない
  2. 「わからないこと」に時間を費やして遠回りしてしまう
  3. 「間違った方向」に進んでしまう可能性が高くなる
  4. 「まだやらなくていいこと」までやってしまう

詳細は以下の記事でわかりやすく解説しています。

紹介はこの記事でチェック!

「これからプログラミングの独学をはじめようとしている人」や「プログラミングの独学をはじめたばかりの人」のために、 僕が未経験から独学を「1日12時間×3年」やって感じた「リアルなメリット・デメリット」を記事にしました。 「あなたのプログ[…]

main-image

プログラミングの独学が難しい理由とは?

僕が実際に独学をして感じた「プログラミングの独学が難しい理由」は、大きく以下の4つです。

  1. 右肩上がりの成長ではない
  2. ずっと基礎学習ばかりしている
  3. 明確な目的・スケジュールを設定しない
  4. メンターがいない

詳細は以下の記事でわかりやすく解説しています。

詳細はこの記事でチェック!

「プログラミングの独学に挫折しそう…」 「プログラミング学習の進め方がわからない…」 「いくら学習しても身についている感じがしない…」 なんて悩んでいませんか? もしそうであれば、この記事はとても役に[…]

main-image

また、以下の記事もお役に立つと思います。

あわせて読みたい

[adcode] 「プログラミングの独学がつらい…きつい…もう無理…」と悩んでいる人のために、 「1日12時間を3年」やった「僕なりの」解決方法を記事にしました。 「あなたのプログラミング学習のために」 ぜひ役立ててください[…]

main-image

おすすめのプログラミングの独学のやり方は?

僕が実際に独学をして感じた「僕なりの良いやり方」は以下のとおりです。

  1. まずはHTML/CSSから
  2. 習慣化と自己管理
  3. メンターをみつける
  4. さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得

他にも良い独学のやり方があると思いますので、あくまで参考程度に。

では、それぞれ解説していきます。

①まずはHTML/CSSから

個人的にはまず「HTML/CSS」からはじめるのがおすすめです。

HTML/CSSは正確にはプログラミング言語ではなく「マークアップ言語」です。

ですが、HTML/CSSで「コードを書く基礎」が身につきます。

HTML/CSSで「楽しく続けられそう」と感じたら、プログラミングの独学も続けられる可能性が高いです。

②習慣化と自己管理

プログラミングは独学にかぎらず、「習慣化」することがとても大切です。

習慣化の秘訣は「楽しむこと」。

習慣化のために学習した内容を「誰かに教えるつもりで」アウトプットするのがおすすめです。

ブログやTwitterなどのSNSでアウトプットしてみましょう。

理解したつもりの内容でもアウトプットすることで、

  • 理解が足りていない部分がわかる
  • さらに理解が深まる
  • 「いいね」や「コメント」をもらえる

などで、「楽しさ」や「やる気」がUPするというメリットがあります。

楽しくなければ習慣化できないので。。

また、独学はサボろうと思えばいくらでもサボれます。

サボっても注意する人もいません。

毎日サボらずプログラミング学習をすることを習慣化する「高い自己管理力」が必要です。

③メンターをみつける

なぜ僕は独学でもプログラミングスキルを身につけることができたのか?

それはメンターの存在がとても大きかったからです。

僕の場合は当時の職場の上司がメンターにあたる存在でした。

メンターが「いる・いない」では、独学での挫折率が大きく変わってきます。

詳細は以下の記事でわかりやすく解説しています。

詳細はこの記事でチェック!

この記事の内容は「プログラミング未経験者や初心者向けに、メンターのメリットをわかりやすく解説」です。 「そもそもメンターとは?必要なの?」 「プログラミングの独学に挫折しそう…」 「プログラミング学習の進め方がわか[…]

main-image

④さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得

ずっと基礎学習ばかりしていても、開発現場で通用するスキルは身につきません。

どのプログラミング言語においても、「さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得」がおすすめです。

僕の場合、基礎学習は「書籍+ネット」です。

「自社プロダクト開発」という大きな目的があったので、ある程度基礎をやったらすぐに実践という形をとりました。

でも、僕と同じような環境ではない人のほうが多いですよね。

そんな時は、プログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得するのも「一つの手段」です。

場合に応じて利用するのも戦略かなと。

【プログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得】

【すぐに実案件を受けて実践】

【足りないスキルは実践で習得】

こんな感じでもいいと思います。

まとめ

  1. PHP(MySQL含む)
  2. JavaScript
  3. Swift
  4. Java(Android Java含む)
  • 経済的な負担が小さい
  • 自己管理力が高く、要領がいい人は独学のほうが効率がいい
  • 自分で考え、自分で解決する力が身につく
  • 「何を」・「どのように」進めればいいのかわからない
  • 「わからないこと」に時間を費やして遠回りしてしまう
  • 「間違った方向」に進んでしまう可能性がある
  • 「まだやらなくていいこと」までやってしまう
  1. 右肩上がりの成長ではない
  2. ずっと基礎学習ばかりしている
  3. 明確な目的・スケジュールを設定しない
  4. メンターがいない
  1. まずはHTML/CSSから
  2. 習慣化と自己管理
  3. メンターをみつける
  4. さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得
  • プログラミングスキルの習得は独学でもできないことはない
  • 独学は「自己管理」や「学ぶ環境」がとても大切
  • 基礎を素早く習得して足りないスキルは実践で習得するのがおすすめ
  • プログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得するのも「一つの手段」

僕の経験談が「プログラミングの独学に悩んでいる人」や「プログラミングの独学を頑張る人」のお役に立てば幸いです。

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!