プログラミングの独学のやり方は? →「僕なりの効率的なやり方とコツ」を教えます!

main-image

「これからプログラミングの独学をはじめる人」や「プログラミングの独学に悩んでいる人」のために、

「1日12時間を3年」やった「僕なりの効率的なやり方とコツ」を記事にしました。

「あなたのプログラミング学習のために」

ぜひ役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • プログラミングの独学の効率的なやり方とコツ

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミングを始めたばかりの初心者
  • これからプログラミングを始めようとしている未経験者
  • エンジニアへのキャリアチェンジを目指す社会人

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

まずは結論から

実際にプログラミングの独学を経験した「僕なりの効率的なやり方とコツ」は、以下のとおりです。

  1. まずはHTML/CSSから
  2. 習慣化と自己管理
  3. メンターをみつける
  4. さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングを独学し、エンジニアになりました。

そしてITベンチャー企業で「フルスタックエンジニア・取締役COO」を務めました。

これまで複数のWebアプリやスマホアプリを開発し、ローンチもしています。

開発したプロダクトで2,800万円の資金調達もしました。

「1日12時間を約3年間」やりました。。

独学していた頃を振り返ってみると、学習中は一人で孤独でした。

一緒に頑張る仲間もいませんでした。

わからないことが出てきたときに質問できる相手もいませんでした。

そのため余計に学習時間がかかったと思います。

そして何度も挫折しそうになりました。

僕のリアルな「独学体験談」

そのような経験から、独学の「僕なりの効率的なやり方とコツ」をそれぞれ解説していきます。

プログラミングの独学の流れは?

僕が独学で習得したプログラミング言語と順番は、以下のとおりです。

  1. PHP(ピーエイチピー) ※MySQL含む
  2. JavaScript(ジャバスクリプト)
  3. Swift(スウィフト)
  4. Java(ジャバ) ※Android Java含む

僕はもともとHTML/CSSの知識は少しありました。

そのためHTML/CSSと合わせて使える、サーバーサイド言語を習得したいと考えていました。

そこで「独学でも習得しやすいサーバーサイド言語はどれか?」を、いろいろ調べました。

そんな時、当時勤めていた会社で自社プロダクトを作ることに。

プログラミングスキルを習得したいと考えていた僕は、プロダクトを開発するエンジニアに立候補。

自社プロダクトはWebブラウザ版から開発し、最終的にはAndroidアプリまでという形です。

そのため習得する言語もPHPからはじまり、最終的にはJava(Android Java)までの流れです。

PHPからJavaにいたるまでは、「1日12時間を約3年間」やりました。

独学の効率的なやり方とコツ

「1日12時間を約3年間」やった僕なりの独学の「効率的なやり方とコツ」を、それぞれ解説していきます。

①まずはHTML/CSSから

個人的にはまず「HTML/CSS」からはじめるのがおすすめです。

HTML/CSSは正確にはプログラミング言語ではなく「マークアップ言語」です。

ですが、HTML/CSSで「コードを書く基礎」が身につきます。

HTML/CSSは難しくないので、未経験者や初心者でも取り組みやすいです。

HTML/CSSで「楽しく続けられそう」と感じたら、プログラミングの独学も続けられる可能性が高いです。

まずはHTML/CSSから取り組んでみましょう。

②習慣化と自己管理

プログラミングは独学にかぎらず、「習慣化」することがとても大切です。

習慣化の秘訣は「楽しむこと」。

習慣化のために学習した内容を「誰かに教えるつもりで」アウトプットするのがおすすめです。

ブログやTwitterなどのSNSでアウトプットしてみましょう。

理解したつもりの内容でもアウトプットすることで、

  • 理解が足りていない部分がわかる
  • さらに理解が深まる
  • 「いいね」や「コメント」をもらえる

などで、「楽しさ」や「やる気」がUPするというメリットがあります。

楽しくなければ習慣化できないので。。

また、独学はサボろうと思えばいくらでもサボれます。

サボっても注意する人もいません。

毎日サボらずプログラミング学習をすることを習慣化する「高い自己管理力」が必要です。

「楽しむこと」・「習慣化」・「自己管理」を意識していきましょう。

③メンターをみつける

「なぜ僕は独学でもプログラミングスキルを身につけることができたのか?」

それはメンターの存在がとても大きかったからです。

僕の場合は当時の職場の上司がメンターにあたる存在でした。

メンターが「いる・いない」では、独学での挫折率が大きく変わってきます。

詳細は以下の記事でわかりやすく解説しています。

詳細はこの記事でチェック!

この記事の内容は「プログラミング未経験者や初心者向けに、メンターのメリットをわかりやすく解説」です。 「そもそもメンターとは?必要なの?」 「プログラミングの独学に挫折しそう…」 「プログラミング学習の進め方がわか[…]

main-image

なるべくメンターをみつけるようにしましょう。

④さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得

ずっと基礎学習ばかりしていても、開発現場で通用するスキルは身につきません。

どのプログラミング言語においても、「さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得」がおすすめです。

僕の場合、基礎学習は「書籍+ネット」です。

「自社プロダクト開発」という大きな目的があったので、ある程度基礎をやったらすぐに実践という形をとりました。

でも、僕と同じような環境ではない人のほうが多いですよね。

そんな時はプログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得するのも、「一つの手段」です。

場合に応じて利用するのも戦略かなと。

【プログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得】

【すぐに実案件を受けて実践】

【足りないスキルは実践で習得】

こんな感じでもいいと思います。

基礎スキルは素早くさくっと習得して、どんどん実践していきましょう。

プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技


実はここだけの話、プログラミングの独学に行き詰まったり「挫折しそう…」と悩んだりしたときに使える裏技があります。

どんな裏技なのかは以下の記事で詳しく紹介しています。

きっと役立つはずですので、ぜひ試してみてください。

関連記事: プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技

まとめ

  1. PHP(ピーエイチピー) ※MySQL含む
  2. JavaScript(ジャバスクリプト)
  3. Swift(スウィフト)
  4. Java(ジャバ) ※Android Java含む
  1. まずはHTML/CSSから
  2. 習慣化と自己管理
  3. メンターをみつける
  4. さくっと基礎習得 → 足りないスキルは実践で習得

プログラミングスキルの習得は、独学でも可能ではあります。

しかし、独学は「自己管理力」や「学ぶ環境」がとても大切です。

僕はプログラミングスクールでさくっと基礎スキルを習得するのも、「一つの手段」だと考えています。

場合に応じて利用するのも戦略かなと。

プログラミングの独学に悩んだときは、以下の記事で紹介している方法も試してみてください。

きっと役に立つはずです。

プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

プログラミング学習Tips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。