【経験者が語る】鬱(うつ)病の人が仕事に復帰する上で大切なこと

main-image

はじめに

今回は、「鬱(うつ)病の人が仕事に復帰する上で大切なこと」という内容になります。

  • うつ症状があり、ずっと就職活動をしているけどうまくいかない
  • うつ症状があり、離職期間が長いので仕事に就けるのか不安
  • うつ症状があり、就職しても安定して長く働けるか不安

僕もうつ病を経験していて、まだ服薬もしているので、うつ病経験者の目線から仕事に復帰する上で大切なことや、うつ病の人が選ぶ仕事についてなどをお話していきます。

まず、うつ病を寛解させて仕事に復帰したいと思っている人は多いかと思います。

うつ病の人が仕事に復帰する上では、以下の3つのことを大切にしてください。

  1. 無理のない範囲で、頑張りすぎないこと
  2. 小さな成功体験を積み重ねること
  3. 他人と比較しないこと

この3つのことを意識しながら、精神的に負担がかからないようにしてください。

そして、まずは、楽しみながら続けることが大切です。

鬱(うつ)病の人が仕事に復帰する上で大切なこと①【無理のない範囲で、頑張りすぎないこと】

「早くうつ病を治して仕事に復帰しよう!」と思うことや、目標を立てることはとてもいいことですが、それで焦ってしまうのはNGです。

うつ病は、焦れば焦るほど症状の悪化につながる可能性が高いので、焦って頑張ろうとしないでください。

焦って頑張りすぎて症状が悪化すると、考える力も弱くなってしまいます。

そもそも、頑張れない状態になっているのがうつ病です。

まずは、焦らず頑張りすぎず、心のエネルギーの回復に努め、小さなことから一つずつクリアしていくようにしましょう。

鬱(うつ)病の人が仕事に復帰する上で大切なこと②【小さな成功体験を積み重ねること】

大きな目標を達成するためには、その目標を達成するためのステップを小さな目標に分けて設定するようにしてください。

その小さな目標も、頑張りすぎず達成可能な目標にすることが大切です。

小さな目標を一つずつ達成して積み上げていくことで、それが成功体験となり、自分の自信になります。

うつ病の人が仕事に復帰するためには、「仕事に復帰してやっていける」という自信が必要不可欠です。

鬱(うつ)病の人が仕事に復帰する上で大切なこと③【他人と比較しないこと】

誰しも「自分は相手からどう思われてるんだろう?」などと考える時に、必ず他人と比較してしまいます。

そして、比較した結果「自分は劣っている」と感じてしまいます。

特に、「これから仕事に復帰しよう」・「新しいことを始めよう」と思っている時に、他人と比較するのは絶対にやめてください。

勝手に比較して、勝手に落ち込んで、病んでしまうというケースは多くあります。

そのため、他人と比較することでいいことは一つもありません。

比較するのであれば、「過去の自分」と比較して、過去にできなかったことが今できるようになっていたり、自分の成長や頑張りを認めてあげるようにしてください。

鬱(うつ)病の人が選ぶ仕事について

鬱(うつ)病の人が選ぶ仕事について①【人とあまり関わらない仕事】

うつ病など精神疾患を抱えていると、例えば、接客業や外回りの営業など人と多く関わる仕事は、とても疲れて、非常にストレスが溜まりやすい状態になります。

そのため、人と多く関わる仕事は、どうしても辛くなりやすく、長く続けることが難しいです。

可能であれば、あまり人と関わらずにすむデスクワークが中心であったり、淡々と作業ができる仕事がいいです。

鬱(うつ)病の人が選ぶ仕事について②【ノルマや納期に縛られない仕事】

会社や組織に所属して働く上では、なにかしらのノルマや納期がつきものなので、ノルマや納期がまったくない仕事というのは難しいかもしれませんが、うつ病など精神疾患を抱えていると、ノルマや納期のプレッシャーによる精神的負担とストレスが非常にかかり、長く続けることが難しくなるので、ノルマや納期がきつい仕事は選ぶべきではありません。

例えば、フリーランスや個人事業主など、マイペースでできる仕事がいいです。

その分、フリーランスや個人事業主は、自分で仕事の管理をしないといけないですが、会社からのきついノルマや納期のプレッシャーを受け続けるよりは、精神的にずっといいです。

鬱(うつ)病の人が選ぶ仕事について③【時間の融通がきく仕事】

これも、会社や組織に所属して働く上では、何時に出社して何時まで仕事すると決まっているので、難しいかもしれませんが、うつ病など精神疾患を抱えていると、症状がきつい時は、過眠や不眠になりやすいです。

例えば、不眠状態で決まった時間まで出社しなければいけないとなると、それは精神的な負担とストレスがとても大きく、症状悪化につながってしまい、長く続けることが難しくなってしまいます。

そのため、ある程度自分で時間やスケジュールをコントロールできる仕事がいいです。

まとめ

うつ病経験者の目線から仕事に復帰する上で大切なことや、うつ病の人が選ぶ仕事についてなどをお話してきました。

うつ病の人が仕事に復帰する上では、これは、うつ病ではない人にも当てはまることかもしれませんが、「好きなこと・興味があること」を前提に考えることが大切なんじゃないかと思います。

もちろん、うつ病が原因で好きな仕事に就けないなんてこともあるかもしれません。

その場合、フリーランスや個人事業主として働くというのもいいと思います。

また、就労移行支援サービスを利用して仕事復帰を目指すという形もあります。

仕事への復帰の形は人それぞれです。

あなたが選んだ道の先にも活躍する場所は必ずあります。

以下の記事では、「うつ病の人向けの就労移行支援サービスの比較」を通して、「就労移行支援サービス」について深掘りしているので、ぜひ読んで参考にしてください。

あわせて読みたい

はじめに 今回は、「鬱(うつ)病の人向けの就労移行支援サービスの比較」という内容になります。 就労移行支援サービスってどんなものなの? 就労移行支援サービスって受ける意味あるの? 就労移行支援サービスを受ける目的[…]

main-image

この記事が、うつ病で仕事への復帰に悩んでいる人などのお役に立てば嬉しいです。

最後に、うつ病で悩んでいる人にぜひ読んで欲しい一冊「うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた」を紹介して終わりとします。

メンタルハッカー・YouTuberとして活躍しているほっしーさん著の本です。

ぜひ、読んでみてください。

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!