たった7つのコツを掴むだけで「プログラミングの成長が遅い…」を解決!

「プログラミングの成長が遅い…」を解決するコツを掴み喜ぶ男性
いくらプログラミングを学習しても全然成長してる感じがしない…周りの人はどんどん先に進んでいるのに、自分だけ取り残されている感じがする…

なんて悩んでいませんか?

プログラミング学習は大変ですしなかなか思うようにはいかないので、悩んでしまうのも無理はありません。

僕もプログラミング初心者の頃はいろいろと苦労や失敗をしてきたので、プログラミング学習の大変さもよくわかります。

「プログラミングの成長が遅い…」と悩んでいるなら、悩みを解決するためのコツを掴むことが大切です。

コツを掴んでいないと、いつまでたっても「プログラミングの成長が遅い…」と悩み続ける、なんてことになりかねません。

そこでこの記事では、僕の経験も踏まえて「プログラミングの成長が遅い…」を解決するコツを解説していきます。

この記事を読んでコツを掴めば、きっとあなたのプログラミングの成長は早まり、目標達成までのスピードアップにつながるはずです。

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミングを始めたばかりの初心者
  • エンジニアへのキャリアチェンジを目指す社会人
  • これからプログラミングを始めようとしている未経験者

まず結論からお伝えすると、「プログラミングの成長が遅い…」を解決するコツは次の7つになります。

  1. プログラミング学習を仕組み化して習慣化しよう
  2. 基礎学習に時間をかけ過ぎないようにしよう
  3. しっかり学習時間を管理しよう
  4. 必要な情報だけ取り入れよう
  5. 仲間やライバルを作ろう
  6. 検索スキルを高めよう
  7. 質問スキルを高めよう

それぞれ詳しく解説していきます。

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

「プログラミングの成長が遅い…」を解決する7つのコツ

「プログラミングの成長が遅い…」を解決する7つのコツ
僕はIT・Web業界で10年以上仕事をしていまして、これまで数多くのプログラミング初心者の人たちを見てきました。

その中で感じたのは、同じくらいの学習期間でも成長にかなりの個人差があるということ。

「なぜそこまで成長に個人差が生まれるのか?」

それは成長が早い人は、「コツ」を掴んでいて学習効率が良いから。

ちょっとしたコツを掴んでいるかいないかで、成長に大きな差が生まれます。

もしあなたが「もっと早く成長したい!」と思っているなら、これから解説するコツを掴んでください。

それでは「プログラミングの成長が遅い…」を解決する7つのコツを、それぞれ解説していきます。

プログラミング学習を仕組み化して習慣化しよう

プログラミング学習を仕組み化して習慣化しよう
プログラミングの成長が遅い人は、プログラミング学習を仕組み化して習慣化できていないことが多いです。

やる気に満ち溢れてプログラミングの学習を始めたとしても、短期間は頑張れますが長期間の学習ではほとんどの場合、途中で息切れしてしまいます。

そのためプログラミング学習のモチベーションを保ち、習慣化できる環境作りが大切になってきます。

具体的には次のようなことです。

  • 目標を家族・友人・知人などに宣言したり、SNSなどで発信したりして目標達成のための環境を作る
  • 仲間やライバルを作り、刺激を受けモチベーションを維持する
  • メンターをつけてサボりを防止し、モチベーションを維持する

このように工夫し仕組み化した方が、成功する可能性は高くなります。

このようなツイートもしているとおり、プログラミング学習を習慣化して継続するには毎日守れるレベルの「小さなルール」を作って、実行していくのがおすすめ。

ハードルは低くていいので守れるルールを作って、毎日実行していくことで習慣化しやすくなります。

以下の記事ではプログラミング学習を習慣化して継続する方法やコツと、メンターのメリットを解説しています。

あわせてご参考にしてください。

プログラミング学習を習慣化して継続する方法やコツを解説!

未経験者や初心者のプログラミング学習に「メンター」って必要!? →【結論: メンターがいないと損します】

基礎学習に時間をかけ過ぎないようにしよう

基礎学習に時間をかけ過ぎないようにしよう
プログラミングの成長が遅い人は、「わからない部分をなくしてから次のステップに進みたい」という心理になっていることが多いです。

具体的には次のようなことです。

  • Progateを何度も周回しひたすらレベル上げ
  • ドットインストールをすべてきちんと観る

もちろん良質なポートフォリオなどを作るためには、プログラミング言語やコンピューターサイエンスの基礎知識は必要になります。

しかしそれらは、基礎学習をくり返せば習得できるものではありません。

実際に手を動かして成果物を作りぶつかった壁を乗り越えたり、発生する様々な問題を解決したりする中で身についていくものです。

基礎固めを口実に心理的に楽なすでにやった部分をくり返す、という行為に走ってはいけません。

それはとても効率の悪い学習方法を選択してしまっていることになります。

基礎学習に時間をかけ過ぎず、なるべく早くポートフォリオなどの成果物の制作に取り組むようにしましょう。

しっかり学習時間を管理しよう

しっかり学習時間を管理しよう
仕事をしながらプログラミングを学習する社会人であれば、平日と休日の時間管理がとても大切です。

具体的なプログラミングの学習時間は、

  • 最低でも週に20時間程度
  • 休日は最低でも1日8時間程度

これを目安にしっかりと学習時間を管理しましょう。

このくらい集中的に、プログラミング学習に時間を投下できるように仕事やプライベートを調整しないと、学習効率がとても悪くなります。

学習時間の管理がしっかりできないと、挫折する可能性も高くなってしまいます。

「仕事が忙しくて学習時間がとれません。」

このような声をよく耳にしますが、プログラミングスキルを身につけてキャリアチェンジを目指しているのであれば、それは言い訳にしかなりません。

仕事が忙しいのはみんな同じです。

例えばあなたが転職活動を始めたとして、

「あなたは仕事が忙しかったようなので、ポートフォリオがたいしたことなくてもいいですよ。」

なんて言ってくれる採用担当者はいません。

本気でプログラミングスキルを身につけたいのであれば、

  • 残業を減らして時間をつくる
  • 早起きをして時間をつくる

など、努力次第でプログラミングの学習時間は作れるはず。

プログラミングスキルを身につけてキャリアチェンジを目指している人のレベルは、年々高くなってきています。

そのような人たちと競争していることをしっかり自覚して、行動していきましょう。

必要な情報だけ取り入れよう

必要な情報だけ取り入れよう
プログラミングの成長が遅い人は、情報の取捨選択がうまくできていないことが多いです。

特に目標を達成する上でどの人の情報を取り入れるべきか、この判断がうまくできない。

例えばあなたがWeb系エンジニアとして2年間はサラリーマンとして経験を積み、3年目からはフリーランスとして稼いでいく、という目標を立てたとします。

その場合、情報を取り入れるべき相手は以下です。

  • 同じような道を歩んできたエンジニア
  • 目指すスタイルで稼いでいるエンジニア

業界の人だからといって、ITベンチャーの営業マンからの情報では、決して参考にはならないわけです。

業界の人みんなが、客観的で有益な情報を提供してくれるわけではありません。

そこを勘違いしてしまうと、自分にとって利益のある情報ではなく、相手にとって利益のある情報を提供される可能性も高くなります。

ご自身の目標を具体化し、情報提供者がどのようなポジションでその情報を提供しているのかを、しっかり見極めることが大切です。

プログラミングスクールや教材、プログラミング言語の選択にしても、ご自身の目標から大きく逸れないように、必要な情報だけをうまく取り入れる力を身につけましょう。

仲間やライバルを作ろう

仲間やライバルを作ろう
完全に独学でプログラミングスキルを身につけることも可能ですが、仲間やライバルがいた方が学習効率は良くなります。

理由は情報交換できる相手がいる人の方が、多くの情報を入手できるからです。

  • 「この人が頑張っているから、自分も負けていられない!」
  • 「今日はあまり気分がのらないけど、あの人がやっているなら自分もやらなきゃ!」

このように思えるライバルがいた方が、プログラミングの学習にたいするモチベーションも保ちやすくなります。

例えばTwitterなどを使っていれば、

  • #駆け出しエンジニアと繋がりたい
  • #プログラミング初心者と繋がりたい

これらのハッシュタグを利用して、フォローしたりフォローされたりするだけでも十分刺激になります。

このようなツイートもしているとおり、以下のような人はあまり意味がない可能性が高いです。

  • 自分と同じか下のレベルの人
  • 自分よりはるかにレベルが高い人

成長を早めるためなら「自分よりちょっと先に進んでいて少しレベルが上の人」がおすすめ。

仲間やライバルはできるだけ作るようにして、プログラミングの学習効率をあげていきましょう。

検索スキルを高めよう

検索スキルを高めよう
プログラミングの成長が遅い人は、検索スキルが低いことが多いです。

特にもっとも重要な、適切なキーワードを見極めることがうまくできない。

キーワードの見極め以外にもGoogleで検索する場合、

  • 適切な情報が日本語で見つからなければ、英語で検索する
  • 特定のキーワードを除外する
  • 直近の情報に絞り込む
  • 完全一致で検索する

このような工夫をすればほとんどの場合、欲しい情報にたどり着くことができます。

適切なキーワードを見極めるのは周辺の知識なども必要なので簡単なことではありませんが、

「同じように悩んでいる人は、どんなキーワードを使ったか?」

などを考えてみると、適切なキーワードを見極めやすくなります。

そこでたどり着いた記事の中で出てきた別のキーワードも使うことで、欲しい情報にさらにたどり着きやすくなります。

適切なキーワードを見極め、粘り強く検索するスキルを高めるようにしましょう。

質問スキルを高めよう

質問スキルを高めよう
プログラミングの成長が遅い人は、質問スキルが低いことが多いです。

質問スキルとは、相手にとってわかりやすい質問をする力です。

具体的にいうと質問する際は、最低限以下のことはおこなうようにしましょう。

  • 解決したい問題を明確化する
  • 問題の経緯を説明する
  • 現在の状況を共有する
  • ご自身が調査した内容を共有する

これらがしっかりできていると質問された相手も対応しやすく、回答をもらいやすくなります。

しかし、なんでも質問すればいいというわけではありません。

このようなツイートもしているとおり、まず最初は自分で調べましょう。

その上でどうしてもわからない部分を質問するようにしましょう。

自分で全く調べもせず、ただ教えてくださいのスタンスではいけません。

そのようなスタンスでは、先輩エンジニアさんたちもあきれて回答をくれません。

質問する際は、最低限のマナーとルールを守ることが大切です。

質問スキルが低いと先輩エンジニアさんたちから、質問の仕方について厳しく指摘される可能性が高いです。

するとメンタル的にも辛くなったり、人間関係が悪くなったりすることにもつながります。

ご自身と相手の時間を無駄にしたりせず、お互いにストレスがかかったりしないように、質問スキルを高めていきましょう。

個人的には「Stack Overflow」をよく使っていました。

Stack Overflowは日本語版の他に英語版もあるので、情報量が圧倒的に多いです。

英語の読解力もついて一石二鳥です。

プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技


実はここだけの話、プログラミングの独学に行き詰まったり「挫折しそう…」と悩んだりしたときに使える裏技があります。

どんな裏技なのかは以下の記事で詳しく紹介しています。

きっと役立つはずですので、ぜひ試してみてください。

関連記事: プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技

まとめ【コツを掴んでプログラミングの成長を早めよう】

今回の内容をまとめていきます。

  1. プログラミング学習を仕組み化して習慣化しよう
  2. 基礎学習に時間をかけ過ぎないようにしよう
  3. しっかり学習時間を管理しよう
  4. 必要な情報だけ取り入れよう
  5. 仲間やライバルを作ろう
  6. 検索スキルを高めよう
  7. 質問スキルを高めよう

今回解説したコツを掴んでいる人と掴んでいない人では、プログラミングの成長にかなり大きな差がつくことは間違いありません。

もしあなたが本気で「もっと早く成長してプログラミングスキルを身につけたい!」と思っているなら、これらを実践してコツを掴んでください。

コツを掴むことで、あなたの目標達成のスピードは大きくあがるはずです。

以下の記事では、プログラミングの独学に行き詰まったり「挫折しそう…」と悩んだりしたときに使える裏技を紹介しています。

あわせてご参考にしてください。

関連記事: プログラミングの独学に挫折しそうなときに使えるズルい裏技

おすすめの一冊

これからプログラミングをはじめる人や駆け出しエンジニアの人は、必読の一冊です。

Web系エンジニアの将来性や学習方法、エンジニア転職のためのロードマップまでわかりやすく解説されています。

忘れないうちに購入して手元に置いておき、いつでも読めるようにしておきましょう。

今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】プログラミング学習Tips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。