Swift(スウィフト)はiOSエンジニアを目指すなら必須のプログラミング言語!

main-image
  • 「そもそもSwiftとはどんな言語?」
  • 「Swiftを学習しようか迷っている…」
  • 「Swiftを習得するメリットは?」

なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか?

実は僕もSwiftを習得する前は、同じように悩んだり疑問をもったりしていました。

そこで、この記事では「プログラミング初心者や駆け出しエンジニア」向けに、Swiftについてわかりやすく解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミング初心者
  • 駆け出しエンジニア

記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介します。

記事の信頼性

【1日12時間×3年】→ 30歳からプログラミングを独学
【取締役・フルスタックエンジニア】→ Web系ベンチャー企業にて
【合計2万ユーザー以上】→ 開発したWebサービスにて
【2,800万円の資金調達】→ 開発したWebサービスにて
【新規事業企画】→ AIベンチャー企業にて

まずは結論から

Swiftは構文がシンプルで読みやすく、書きやすいプログラミング言語です。

僕は30歳のときに社会人で未経験からプログラミングを学習し、エンジニアになりました。

プログラミング学習はPHPから始めました。

PHPを習得した後、Swift・JavaScript・Javaなどを習得しました。

そしてWeb系ベンチャー企業で「フルスタックエンジニア・取締役COO」を務めました。

これまで複数のWebアプリやスマホアプリを開発し、ローンチもしています。

開発したプロダクトで2,800万円の資金調達もしました。

その中でもSwiftは、とても学びやすいプログラミング言語といえるでしょう。

SwiftはApple製品の開発で使われており、今後も使われることが予想されています。

今後のApple社の新製品の開発にも使われる可能性も高く、将来性が高い言語といえるでしょう。

それでは「そもそもSwiftとはどんな言語か?」ということから、それぞれわかりやすく解説していきます。

そもそもSwiftとはどんな言語か?

Swiftは、2014年にApple社が発表したオープンソースのプログラミング言語です。

Mac・iPhone・iPadなど、様々なApple製品向けのアプリケーション開発ができます。

Swiftは現時点ではWindows環境には対応していません。

Swiftは「C」や「Objective-C」と互換性があるので、一緒に使うこともできます。

Apple製品向けのアプリケーション開発は、Swiftの他にCやObjective-Cでもできます。

基本的にはSwift・C・Objective-C以外のプログラミング言語では、Apple製品向けのアプリケーション開発はできません。

最近ではCやObjective-Cではなく、Swiftで開発するのが主流になっています。

なぜSwiftで開発するのが主流になっているのか、Swiftの特徴とあわせて解説していきます。

コードが読みやすく書きやすい

SwiftはPythonやRubyの長所を取り入れて開発されているので、コードが読みやすく書きやすいという特徴があります。

Apple製品向けのアプリケーション開発は、CやObjective-Cというプログラミング言語でもできます。

しかしSwiftは、CやObjective-Cと比べてコードの読みやすさや書きやすさが格段に違います。

「Hello World」を出力する処理を比較してみましょう。

Swift

print("Hello World")
Objective-C

[[NSFileHandle fileHandleWithStandardOutput]writeData: [@"Hello World" dataUsingEncoding: NSUTF8StringEncoding]]

これだけコード量に違いがあります。

また、Swiftはコードの最後に「; (セミコロン)」をつける必要がないという特徴もあります。

コードの安定性が高い

Swiftはコードの安定性が高く、不具合が起こりにくいという特徴があります。

コードの安定性が高いとは、バグが出にくくバグによる不具合が起きにくいということです。

Swiftは基本的には「null」を変数や定数に代入できません。

nullとは?

なにも存在しないことを示すのに使われる値

どういうことかというと、一般的なプログラミング言語ではnullを変数や定数に代入してプログラムを実行することができます。

そのためコードにnullが含まれていても、あらかじめエラーや不具合を予測しにくいのです。

これは、エラーや不具合が起こる原因の一つになりやすく、修正に時間がかかる場合もあります。

一方でSwiftは、nullによるエラーや不具合が起きる可能性がある箇所を特定して教えてくれます。

また、コードを書いている段階でエラーがすぐにわかるようになっています。

Swiftにおける「nullのルール」は厳しいので、あらかじめエラーや不具合を防ぐことができるのです。

リアルタイムで動作確認が可能

一般的なプログラミング言語では、書いたコードがどのように動作するかを確認するには、プログラム実行やコンパイルなどが必要です。

一方でSwiftには「Playground」という機能があり、書いたコードがどのように動作するかをリアルタイムで確認できるようになっています。

これにより開発をスムーズに進めることができます。

開発環境を簡単に整えることが可能

Swiftには「Xcode」という統合開発環境が用意されています。

XcodeはSwiftによるアプリ開発における必須ツールです。

Xcodeは「App Store」から無料でダウンロードして使うことができます。

先述した「Playground」もXcodeで使える機能の一つです。

Xcodeは他にもエディタやでデバッガなど、アプリ開発に必要な機能がそろっています。

これによりアプリ開発をスムーズに進めることができます。

人気の言語のため技術情報が収集しやすい

Swiftは世界中で多くのエンジニアに使われています。

学習中に分からないことがあっても、ネットなどでの技術情報の収集がとてもしやすいです。

マイナーな言語だと分からないことを調べても情報がないことがあります。

分からないことが解決できないと、挫折につながってしまう場合が多いです。

そのため「技術情報が収集しやすい言語であること」は重要です。

グローバル企業でも積極的に採用されている

Swiftはコードのわかりやすさや応用のしやすさから、多くのグローバル企業でも積極的に採用されています。

  • Google
  • Facebook
  • Uber

など、多くのグローバル企業がSwiftを積極的に取り入れています。

Swiftの学習方法

Swiftは構文がシンプルで読みやすく、書きやすいプログラミング言語です。

とても学びやすいプログラミング言語といえるでしょう。

基礎的な部分については、プログラミング初心者でもすぐに理解できると思います。

Swiftの学習方法は以下の2つです。

独学する

独学するのであれば、「書籍 + オンラインサービス」の組み合わせがおすすめです。

書籍を購入する際は、最新バージョンに対応しているか確認するようにしましょう。

Swiftは頻繁にアップデートがおこなわれ、内容が少しずつ変わるので注意が必要です。

オンラインサービスは「Swift Playgrounds」がおすすめです。

Swift Playgroundsは、Swiftをゲーム感覚で楽しく学べるアプリとしてApple社が提供しています。

Mac用とiPad用があり、App Storeから無料でダウンロードすることができます。

動画などで学びたい場合は、「Udemy」がおすすめです。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールでは、現役のiOSエンジニアに質問や相談をしながら学ぶことができます。

  • 何から始めればいいのかわかる
  • iOSエンジニアとしての就職・転職に必要なものがわかる
  • わからないことを質問や相談できる環境

これらは大きなメリットになるので、iOSエンジニアを目指しやすくなるでしょう。

まとめ

今回の内容をまとめていきます。

  1. コードが読みやすく書きやすい
  2. コードの安定性が高い
  3. リアルタイムで動作確認が可能
  4. 開発環境を簡単に整えることが可能
  5. 人気の言語のため技術情報が収集しやすい
  6. グローバル企業でも積極的に採用されている
  1. 独学する
  2. プログラミングスクールに通う

Swiftは構文がシンプルで読みやすく、書きやすいプログラミング言語です。

とても学びやすいプログラミング言語といえるでしょう。

SwiftはApple製品の開発で使われており、今後も使われることが予想されています。

今後のApple社の新製品の開発にも使われる可能性も高く、将来性が高い言語といえるでしょう。

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!