【Webサービスを伸ばす必須スキル】差別化を徹底解説

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの?

なんて悩んでいませんか?

Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。

Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知ることが大切です。

伸ばすための手法を知らないと、いつまでたってもWebサービスが伸びず、収益化もできなくなってしまいます。

この記事を書いている僕は、これまで開発したWebサービスを合計2万ユーザー以上に使ってもらい、2,800万円の資金調達を達成しました。

その中では失敗もたくさんしていますので、Webサービスを伸ばす大変さもよくわかります。

そのような経験から、Webサービスを伸ばすための必須スキルである、差別化についてわかりやすく解説していきます。

「Webサービスを伸ばしたい!」と、思っているなら必見です。

ぜひこの記事を役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • Webサービスを伸ばすための差別化と活用法

この記事はこんな人におすすめ

  • Webサービス開発を始めたばかりの初心者
  • これからWebサービス開発を始めようとしている未経験者

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  •  30歳からプログラミングを開始【13,000時間の学習量】
  •  Web系ベンチャー企業で【取締役・フルスタックエンジニア】
  •  開発したWebサービス・アプリで【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】

まずは結論から【Webサービスを伸ばすには、マーケティング戦略が必要】


あなたのWebサービス伸ばす上で、確実に必要なのがマーケティング戦略です。

マーケティング戦略なくして成功は期待できません。

重要なマーケティング戦略は、次のとおりです。

今回はその中でも特に重要な、差別化を取りあげます。

なぜ差別化が大切で、どのように活用すればいいのかを、Webサービスを伸ばす観点で解説していきます。

そもそもマーケティングとは?


マーケティングとは、

  1. 顧客のニーズにもとづいて商品やサービスを作る
  2. 商品やサービスの情報を顧客に届ける
  3. 顧客が商品やサービスの価値を効果的に得られるようにする

ということです。

わかりやすく一言で表すと、「顧客に自分たちの商品やサービスを選んでもらうための施策・活動」です。

これをWebサービスに置き換えると、

ユーザーに数多くのWebサービスの中からあなたのWebサービスを選んでもらい、価値を感じてもらい、利用してもらうための施策・活動

となります。

この施策や活動をする上で重要となる、差別化についてこれから解説していきたいと思います。

差別化を徹底解説


「ベネフィット・ERG理論」と「セグメンテーション・ターゲティング」を使い、Webサービスを伸ばす下地は整えることができます。

しかしこれだけではまだ、ユーザーにあなたのWebサービスを契約してもらったり、利用してもらったりすることはできません。

なぜなら、これはあなただけではなく、「他の大勢のライバル」も同じようなことをやっているからです。

ではどのようにして、ユーザーにあなたのWebサービスを契約してもらったり、利用してもらったりするのか?

その答えは、「差別化」することです。

「ベネフィット・ERG理論」と「セグメンテーション・ターゲティング」については、以下の記事で詳しく解説していので、あわせてご参考にしてください。

【Webサービスを伸ばす必須スキル】ベネフィット・ERG理論を徹底解説

【Webサービスを伸ばす必須スキル】セグメンテーション・ターゲティングを徹底解説

差別化とは?

「差別化する」とはどういうことでしょうか?

それは、「競合のWebサービスより高い価値 (ベネフィット) を提供すること」です。

競合のWebサービスとの提供する価値の差が、「差別化 = 提供できる独自の価値」となります。

Webサービスを伸ばすための差別化の活用法

Webサービスを伸ばすために「差別化 (提供できる独自の価値) 」を活用する上では、ご自身のWebサービスの強みから考え始めてください。

ここでは、「ベネフィット・ERG理論」と「セグメンテーション・ターゲティング」で作った、下地を生かすことが必要です。

ご自身のWebサービスの強みから「誰に」・「どんな価値を」提供できるのかを、突き詰めて考えます。

自分の強みとは?

ご自身のWebサービスの強みを考える上で重要なポイントは、対象とするターゲットに独自の価値を提供できることです。

競合のWebサービスと全く違うことをする、ということではありません。

つまり、その分野で「No.1である必要は一切ない」ということです。

はじめは、「狭い分野のプロ」になっていくという意識でOKです。

自分の強みを生かすメリット

ご自身のWebサービスの強みを生かすことは、その分野に精通することになるので、次のようなメリットが生まれます。

  1. 良質なWebサービスにできる
    → ユーザーに寄り添った良質なWebサービスにできるので、ユーザーからの信頼や権威性を得ることができます。
  2. 改善・修正の速度があがる
    → 調査時間が短縮でき、Webサービスの改善・修正の効率もあがります。
  3. SNSとも連動しやすい
    → 精通している分野であれば最新情報も入ってきやすく、情報発信もしやすくなります。
    これからのWebサービス運営には、SNSは必須なのでこれは大きなメリットになります。

まとめ

今回の内容をまとめていきます。

  • 競合のWebサービスより高い価値 (ベネフィット) を提供すること
差別化 = 提供できる独自の価値

今回解説した差別化は、とても重要なマーケティングスキルです。

Webサービスを伸ばし収益化するためには、絶対に必要なものです。

差別化を理解し活用することで、確実にWebサービスを伸ばすことにつながります。

ぜひ、今後のWebサービス開発や運営に取り入れてみてください。

以下の記事では、Webサービスを伸ばすための「4つのマーケティングスキル」を徹底解説しているので、あわせてご参考にしてみてください。

【Webサービスを伸ばしたい人必見】4つのマーケティングスキルを徹底解説

マーケティングが学べるおすすめの講座

僕もそうでしたが自分一人だけでは、

やり方は合ってるのかな…進んでる方向は間違ってないかな…

と、不安になったりしますよね。

そんな時は、マーケティングの専門講座の受講を考えてみてください。

専門講座は「Udemy」などで探すのがおすすめ。

ちなみに以下は、マーケティングが学べるおすすめのスクールです。

RaiseTech
【マーケティングコース】
4.5

マーケティングコースは「商品を売るために」という思考から始まり、実際に売るための手段と知識、ツールの使い方を学ぶ総合コースです。

【こんな人におすすめ】
・自分の商品を効果的に売る手法を学びたい
・基礎から応用まで現場で通用する技術を一通り学びたい
・現役マーケターのメンターが欲しい
・1人で学ぶのが苦手なので、学習をサポートして欲しい

【厳選2冊】マーケティングが学べるおすすめの本

どちらもマーケターのバイブルになっている「必読の一冊」です。

両方読むことをおすすめしますが、どちらか一方でも構いません。



今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】Webサービス開発Tips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。