【Webサービスマーケティング完全ロードマップ】4つのスキルを徹底解説!

main-image
Webサービスを開発したけど、全然伸びないし挫折しそう…

なんて悩んでいませんか?

Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。

Webサービスを伸ばすには、伸ばすためのマーケティングスキルを知ることが大切です。

マーケティングスキルを知らないと、いつまでたってもWebサービスが伸びず、収益化もできなくなってしまいます。

この記事を書いている僕は、これまで開発したWebサービスを合計2万ユーザー以上に使ってもらい、2,800万円の資金調達を達成しました。

その中では失敗もたくさんしていますので、Webサービスを伸ばす大変さもよくわかります。

そのような経験から、Webサービスを伸ばすために必須となる、4つのマーケティングスキルを解説していきます。

「Webサービスを伸ばしたい!」と、思っているなら必見です。

ぜひこの記事を役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • Webサービスを伸ばすための4つのマーケティングスキル

この記事はこんな人におすすめ

  • Webサービス開発を始めたばかりの初心者
  • これからWebサービス開発を始めようとしている未経験者

記事の信頼性

りょうぴー
この記事を書いている僕の実績は次のとおり。
  • 【1日12時間×3年の学習量】
    → 30歳からプログラミングを開始
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて

まずは結論から【Webサービスを伸ばすには、開発者思考からマーケター思考への切り替えが必須】


結論からお伝えすると、Webサービスを伸ばすためには、開発者思考からマーケター思考に切り替えることが必須です。

Webサービスを伸ばし収益化するというのは、あなたのWebサービスを使ってくれるユーザーに「価値」を提供し、その対価として報酬をもらうことです。

あなたはユーザーに「商品」を売っているのです。

つまり、あなたのWebサービスで「ユーザーに提供できる価値とはなにか?」を思考して、以下のマーケティングスキルを身につける必要があります。

  1. 「価値」をユーザーに提示する
  2. ユーザーに「価値」を認識してもらう
  3. ユーザーに商品を購入・契約してもらう
なんだかマーケティングって難しそう…

安心してください。

これから、Webサービスを伸ばすための以下4つのマーケティングスキルと活用法を、わかりやすく解説していきます。

  1. ベネフィット・ERG理論
  2. セグメンテーション・ターゲティング
  3. 差別化 (提供できる独自の価値)
  4. 4C分析・4P分析
「Webサービスをもっと伸ばしたい!」と思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

そもそもマーケティングとは?


マーケティングとは、

  1. 顧客のニーズにもとづいて商品やサービスを作る
  2. 商品やサービスの情報を顧客に届ける
  3. 顧客が商品やサービスの価値を効果的に得られるようにする

ということです。

わかりやすく一言で表すと、「顧客に自分たちの商品やサービスを選んでもらうための施策・活動」です。

これをWebサービスに置き換えると、

ユーザーに数多くのWebサービスの中からあなたのWebサービスを選んでもらい、価値を感じてもらい、利用してもらうための施策・活動

となります。

この施策や活動をする上で重要となる、4つのマーケティングスキルをこれから解説していきたいと思います。

Webサービスを伸ばすためのマーケティングスキル①【ベネフィット・ERG理論】

ベネフィットとは?

「ベネフィット」は、Webサービスにおけるマーケティングでは一番大切です。

ベネフィットを一言で表すと、「ユーザーにとっての価値」です。

別の言葉で置き換えると、「ユーザーが買う理由」です。

ベネフィット = ユーザーにとっての価値 = ユーザーが買う理由

と覚えてください。

ERG理論とは?

ERG理論とは誰もが持っているとされる、次の3つの欲求の頭文字をとった理論です。

  • Exstence (存在) : 存在欲求
  • Relatedness (関係性) : 人間関係欲求
  • Growth (成長) : 自己欲求

ユーザーは「この欲求のいずれか」または「すべてを満たすため」に商品を購入します。

ERG理論は「ユーザーにとっての価値」の根本を知るための理論になります。

ベネフィット・ERG理論の詳細や活用法は、以下の記事をチェックしてください。

続きはこちら!

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの? なんて悩んでいませんか? Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。 Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知[…]

Webサービスを伸ばすためのマーケティングスキル②【セグメンテーション・ターゲティング】

セグメンテーションとは?

セグメンテーションとはユーザーを年代や性別など、ある基準にもとづいてグループ分けすることです。

分けたグループのことを「セグメント」といい、その中から注力するセグメントを決めます。

ターゲティングとは?

ターゲティングとは、セグメントの中のどのようなユーザー層に注力するのかを決めることです。

注力するユーザー層のことを「ターゲット」といいます。

「セグメント」と「ターゲット」は、必ずセットで考えるようにしてください。

セグメンテーション・ターゲティングの詳細や活用法は、以下の記事をチェックしてください。

続きはこちら!

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの? なんて悩んでいませんか? Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。 Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知[…]

Webサービスを伸ばすためのマーケティングスキル③【差別化】

差別化とは?

差別化とは、「競合のWebサービスより高い価値 (ベネフィット) を提供すること」です。

競合のWebサービスとの提供する価値の差が、「差別化 = 提供できる独自の価値」となります。

ユーザーにあなたのWebサービスを契約してもらったり、利用してもらったりするためには、差別化がとても大切です。

差別化の詳細や活用法は、以下の記事をチェックしてください。

続きはこちら!

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの? なんて悩んでいませんか? Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。 Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知[…]

Webサービスを伸ばすためのマーケティングスキル④【4C分析・4P分析】

4C分析とは?

4C分析とは、「消費者側の視点による戦略フレームワーク」です。

消費者であるユーザーが、あなたのWebサービスから得られるメリットのうち、次の最も重要な4つの要素の頭文字をとったものです。

  • Customer Value (顧客にとっての価値)
  • Customer Cost (顧客の負担)
  • Convenience (顧客にとっての利便性)
  • Communication (顧客とのコミュニケーション)

4C分析の詳細や活用法は、以下の記事をチェックしてください。

続きはこちら!

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの? なんて悩んでいませんか? Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。 Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知[…]

main-image

4P分析とは?

4P分析とは、「運営側の視点による戦略フレームワーク」です。

Webサービスを開発する上で検討しなければならない、次の最も重要な4つの要素の頭文字をとったものです。

  • Product (製品)
  • Price (価格)
  • Place (流通)
  • Promotion (販売促進)

4P分析の詳細や活用法は、以下の記事をチェックしてください。

続きはこちら!

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの? なんて悩んでいませんか? Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。 Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知[…]

main-image

まとめ

今回の内容をまとめていきます。

  1. ベネフィット・ERG理論
  2. セグメンテーション・ターゲティング
  3. 差別化
  4. 4C分析・4P分析

今回解説した4つのマーケティングスキルは、マーケティングの本質です。

Webサービスを伸ばし収益化するためには、絶対に必要なものです。

これらを理解し活用することで、確実にWebサービスを伸ばすことにつながります。

ぜひ、今後のWebサービス開発や運営に取り入れてみてください。

マーケティングが学べるおすすめの講座

僕もそうでしたが自分一人だけでは、

やり方は合ってるのかな…進んでる方向は間違ってないかな…

と、不安になったりしますよね。

そんな時は、マーケティングの専門講座の受講を考えてみてください。

専門講座は「Udemy」などで探すのがおすすめ。

ちなみに以下は、マーケティングが学べるおすすめのスクールです。

RaiseTech
【マーケティングコース】
4.5

マーケティングコースは「商品を売るために」という思考から始まり、実際に売るための手段と知識、ツールの使い方を学ぶ総合コースです。

【こんな人におすすめ】
・自分の商品を効果的に売る手法を学びたい
・基礎から応用まで現場で通用する技術を一通り学びたい
・現役マーケターのメンターが欲しい
・1人で学ぶのが苦手なので、学習をサポートして欲しい

【厳選2冊】マーケティングが学べるおすすめの本

どちらもマーケターのバイブルになっている「必読の一冊」です。

両方読むことをおすすめしますが、どちらか一方でも構いません。



今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】Webサービス開発Tips

プログラミングスクール選びにおすすめの記事

【現役エンジニア厳選】失敗なしのプログラミングスクールおすすめ3校【初心者はこの中から選べばOK】
おすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選したおすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「プログラミングスクールありすぎ…どこを選んだらいいの?」と悩んでいる人は必見です。

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
女性におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では女性におすすめのプログラミングスクール厳選3校を紹介します。
「女性向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる女性は必見です。

【現役エンジニア厳選】自信をもって高校生におすすめするプログラミングスクール3校
高校生におすすめのプログラミングスクールを知りたいですか?
本記事では現役エンジニアの僕が厳選した高校生におすすめのプログラミングスクール3校を紹介します。
「高校生向けのプログラミングスクールを探してるけど、どこにすればいいかわからない…」と悩んでいる高校生は必見です。