個人開発のWebサービスでの「マネタイズ・収益化の秘訣」を解説

main-image
  • 「Webサービスを個人開発したけどマネタイズができない…」
  • 「個人開発のWebサービスでのマネタイズはどうすればいいの?」

なんて悩んだり、疑問をもったりしていませんか?

僕はこれまで複数のWebサービスやスマホアプリを作り、リリースしてきました。

そして、失敗もたくさんしてきました。

そのような経験から、個人開発初心者やプログラミング初心者向けに、個人開発のWebサービスでの「マネタイズ・収益化の秘訣」をわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること

  • 個人開発のWebサービスでのマネタイズ・収益化の秘訣

この記事はこんな人におすすめ

  • 個人 (Webサービス) 開発初心者
  • プログラミング初心者

記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介します。

記事の信頼性

【1日12時間×3年】→ 30歳からプログラミングを独学
【取締役・フルスタックエンジニア】→ Web系ベンチャー企業にて
【合計2万ユーザー以上】→ 開発したWebサービスにて
【2,800万円の資金調達】→ 開発したWebサービスにて
【新規事業企画】→ AIベンチャー企業にて

まずは結論から

個人開発のWebサービスでのマネタイズ・収益化の秘訣は、以下の4点になります。

  1. 「稼ぐこと」を目的にしない
  2. 「自分が欲しいサービス」を作る
  3. 改善を続けていけるテーマを選ぶ
  4. ニッチな市場を攻める

それぞれわかりやすく解説していきます。

個人開発のマネタイズ・収益化の秘訣①【「稼ぐこと」を目的にしない】

僕はこれまで複数のWebサービスやスマホアプリを作り、リリースしてきました。

その中で最初から「稼ぐこと」を目的に作ったモノは、すべて失敗しています。

  • 「今この分野がアツいから、そこでサービスを作れば稼げる」
  • 「このアイデアは稼げそうだから、サービスを作ろう」

このような考えで作ったモノは、ほとんどの場合ヒットすることはありません。

他のライバルたちも同じように考えているので、競合サービスが多い可能性もあります。

Webサービスで稼ぐということは、ユーザーがお金を払ってくれるということです。

つまり、「ユーザーがお金を払ってでも使いたいサービス」でなければいけません。

ユーザーにそれだけの価値を感じてもらえるサービスを提供する必要があるわけです。

「稼ぐこと」を目的にしてそれだけに目が向けられると、「ユーザー数」や「売上」などの数字ばかり追うようになりがちです。

すると「ユーザーへの本質的な価値提供」が疎かになり、使われないサービスになっていきます。

そのため、順番としては以下のようになります。

  • お金を払ってでも使いたいサービスを作る
  • 本質的な価値提供をし続ける
  • ユーザーが増える
  • マネタイズ・収益化できる

常に「ユーザー目線」を意識することが大切です。

個人開発のマネタイズ・収益化の秘訣②【「自分が欲しいサービス」を作る】

常に「ユーザー目線」を意識することの大切さを解説しました。

「ユーザー目線」を大切にしたサービス作りのポイントとしては、「自分が欲しいサービス」を作るということです。

  • 「本当にニーズがあるモノなのか?」
  • 「使いたいユーザーがいるモノなのか?」

このような問いにたいして大企業などであれば、大規模なアンケート調査やグループインタビューなどを実施して回答を得ることができるかもしれません。

しかし、個人開発の場合そうはいきません。

そこで大切になるのが、以下のような目線です。

  • 「自分が欲しいサービスなのか?」
  • 「自分が使いたいサービスなのか?」
  • 「自分が便利になるサービスなのか?」

少なくともこれらを満たすサービスなのであれば、他にも使いたいユーザーがいる可能性は高まります。

個人開発の場合は、これらの目線や考え方を大切にしてください。

個人開発のマネタイズ・収益化の秘訣③【改善を続けていけるテーマを選ぶ】

せっかくWebサービスを作ったら、ご自身が日常的に使うモノになることが大切です。

そうでなければ、他のユーザーがそのサービスを使うことはないでしょう。

常にユーザー目線で自分が日常的に使うモノになるように、

  • 「ユーザーがお金を払ってでも使いたい価値があるモノになっているか?」
  • 「ユーザーが他のサービスでもいいと思ってしまうモノになっていないか?」
  • 「自分自身が日常的に使うサービスになっているか?」

このようなことを常に考え、改善を繰り返していくことが大切です。

そのためには、長く改善を続けていけるテーマを選ぶことも重要です。

長く改善を続けていけるテーマとは、日常的に興味関心が高く情熱をもって取り組める分野です。

長く改善を続けていけるテーマのもと、常にユーザー目線で自分が日常的に使うモノになるようにしていくことが、マネタイズ・収益化への近道です。

個人開発のマネタイズ・収益化の秘訣④【ニッチな市場を攻める】

大企業であれば市場が小さすぎて攻めないようなニッチな市場を攻めることができるのが、個人開発の強みです。

この強みを最大限に生かして、サービスを使ってくれるユーザーが1,000人くらいできれば、生活費を確保するにはじゅうぶんです。

【例】
500円/月額 × 1,000人 = 500,000円/月

ニッチな市場で「ユーザーがお金を払ってでも使いたいサービス」を提供できれば、これは可能だと思います。

まとめ

今回の内容をまとめていきます。

  1. 「稼ぐこと」を目的にしない
  2. 「自分が欲しいサービス」を作る
  3. 改善を続けていけるテーマを選ぶ
  4. ニッチな市場を攻める

「稼ぐこと」を目的にせず長く改善を続けていけるテーマのもと、常にユーザー目線で自分が日常的に使うサービスにしていくことが、マネタイズ・収益化への近道だといえます。

この記事があなたのお悩みや疑問のお役に立てば幸いです。

【厳選3冊】Webサービス開発におすすめの本

Webサービス・プロダクト開発に携わる人には、それぞれ「必読の一冊」となっています。

以下のような点がわかりやすく解説されています。

  • Webサービス・プロダクト開発のプロセスや進め方
  • 個人開発・チーム開発のやり方やコツ

Webサービス開発Tips

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!