【Webサービスを伸ばす必須スキル】セグメンテーション・ターゲティングを徹底解説

Webサービスを伸ばしたい…なんとかならないの?

なんて悩んでいませんか?

Webサービスを伸ばすことは簡単ではないので、悩んでしまうのも無理はありません。

Webサービスを伸ばすには、伸ばすための手法を知ることが大切です。

伸ばすための手法を知らないと、いつまでたってもWebサービスが伸びず、収益化もできなくなってしまいます。

この記事を書いている僕は、これまで開発したWebサービスを合計2万ユーザー以上に使ってもらい、2,800万円の資金調達を達成しました。

その中では失敗もたくさんしていますので、Webサービスを伸ばす大変さもよくわかります。

そのような経験から、Webサービスを伸ばすための必須スキルである、セグメンテーション・ターゲティングをわかりやすく解説していきます。

「Webサービスを伸ばしたい!」と、思っているなら必見です。

ぜひこの記事を役立ててくださいね!

この記事でわかること

  • Webサービスを伸ばすためのセグメンテーション・ターゲティングと活用法

この記事はこんな人におすすめ

  • Webサービス開発を始めたばかりの初心者
  • これからWebサービス開発を始めようとしている未経験者
りょうぴー
解説していく前に記事の信頼性として、僕がやってきたことを簡単に紹介しますね。

記事の信頼性

  • 【1日12時間×3年】
    → 30歳からプログラミングを独学
  • 【取締役・フルスタックエンジニア】
    → Web系ベンチャー企業にて
  • 【合計2万ユーザー以上・2,800万円の資金調達】
    → 開発したWebサービス・アプリにて
  • 【新規事業企画】
    → AIベンチャー企業にて

まずは結論から【Webサービスを伸ばすには、マーケティング戦略が必要】


あなたのWebサービス伸ばす上で、確実に必要なのがマーケティング戦略です。

マーケティング戦略なくして成功は期待できません。

重要なマーケティング戦略は、次のとおりです。

今回はその中でも特に重要な、セグメンテーション・ターゲティングを取りあげます。

なぜセグメンテーション・ターゲティングが大切で、どのように活用すればいいのかを、Webサービスを伸ばす観点で解説していきます。

そもそもマーケティングとは?


マーケティングとは、

  1. 顧客のニーズにもとづいて商品やサービスを作る
  2. 商品やサービスの情報を顧客に届ける
  3. 顧客が商品やサービスの価値を効果的に得られるようにする

ということです。

わかりやすく一言で表すと、「顧客に自分たちの商品やサービスを選んでもらうための施策・活動」です。

これをWebサービスに置き換えると、

ユーザーに数多くのWebサービスの中からあなたのWebサービスを選んでもらい、価値を感じてもらい、利用してもらうための施策・活動

となります。

この施策や活動をする上で重要となる、セグメンテーション・ターゲティングをこれから解説していきたいと思います。

セグメンテーション・ターゲティングを徹底解説

セグメンテーションとは?

「セグメンテーション」とはユーザーを年代や性別など、ある基準にもとづいてグループ分けすることです。

分けたグループのことを「セグメント」といい、その中から注力するセグメントを決めます。

ターゲティングとは?

「ターゲティング」とは、セグメントの中のどのようなユーザー層に注力するのかを決めることです。

注力するユーザー層のことを「ターゲット」といいます。

「セグメント」と「ターゲット」は、必ずセットで考えるようにしてください。

セグメンテーション・ターゲティングのやり方

まず、セグメンテーションは2つの軸で考えます。

  1. 【人口統計 (年齢・性別・居住地域など) 】
    → 具体例:東京に住んでいる30代の男性など
  2. 【ベネフィット (ユーザーにとっての価値) 】
    → 具体例:「価格を重視する層」・「使いやすさを重視する層」・「デザインを重視する層」・「メーカー (ブランド) を重視する層」など

【洗濯機の購入の想定した場合】

  • 30代の既婚女性は、価格と使いやすさを重視する傾向にある

このように、2つの軸を紐づけてセグメンテーションすることが大切です。

次に、ターゲティングは3つの基準で考えます。

  1. 市場規模の大きさはあるか?
    → そもそも買う人の母数が少ないと、なかなか売ることができません。
  2. 他に圧倒的な競合が存在せず、自分たちの強みを生かせるか?
    → 良い商品・サービスだったとしても、既に圧倒的なシェアを握っている競合がいて自分たちの強みも生かせなければ、売ることが難しくなります。
  3. 提供する価値は重要度が高く必要なのか?
    → 提供しようとしている価値が、注力しようとしているセグメントに対して本当に必要なものでなければ、売ることが難しくなります。

なぜ「セグメンテーション」・「ターゲティング」をする必要があるのか?

結論からいうと、「万人向け」の商品・サービスは誰にも売れないからです。

どういうことかというと、例えば次のような場合で説明します。

  • 仮に、あなたは「オシャレにも人並み程度は気を使う30代男性」だとします。
  • シャツを買いたいと思い、買い物に出かけました。
  • 店には「どの年代にも似合うシャツ」と「30代男性のためのシャツ」がありました。
  • さて、あなたはどちらを買うでしょうか?
  • おそらく「30代男性のためのシャツ」を買うのではないでしょうか。

つまり商品・サービスを売るためには、このように「セグメンテーション」・「ターゲティング」をすることが大切なのです。

Webサービスを伸ばすための「セグメンテーション」と「ターゲティング」の活用法

Webサービスを伸ばすために、「セグメンテーション」と「ターゲティング」をどのように活用するのか、みていきましょう。

最も重視する点は「他に圧倒的な競合が存在せず、自分たちの強みを生かせるか?」です。

なぜかというとWebサービスの場合、そもそもインターネットを利用している時点で「市場規模の大きさ」も「提供する価値の重要度」も、分母が一定数確保されているからです。

Webサービスを伸ばすための「セグメンテーション」と「ターゲティング」は、先述したように「人口統計 (年齢・性別・居住地域など) 」と「ベネフィット (ユーザーにとっての価値) 」の2つの軸を紐づけておこなうようにしましょう。

以下は、「人口統計だけでセグメンテーション・ターゲティングした悪い例」と「人口統計とベネフィットを合わせてセグメンテーション・ターゲティングした良い例」になります。

【悪い例: 人口統計だけでセグメンテーション・ターゲティング】

  • このサービスは「30代男性向けのサービス」です

【良い例: 人口統計とベネフィットを合わせてセグメンテーション・ターゲティング】

  • このサービスは「仕事に忙しい30代男性でも、すきま時間に手間なく使えるサービス」です

このように、「人口統計」と「ベネフィット」を合わせてセグメンテーション・ターゲティングすることで、コンセプトがしっかりしたWebサービスになります。

つまり「ターゲット」がどんな人なのかを明確化できると、ターゲットが求めている価値 (ベネフィット) を洗い出すことができます。

すると、どんな価値 (ベネフィット) を提供するべきか明確になります。

これは「ペルソナ分析」ともいいます。

とても大切なので、必ず覚えてください。

以下の記事では、Webサービスを伸ばすための「4つのマーケティングスキル」を徹底解説しているので、あわせてご参考にしてみてください。

【Webサービスを伸ばしたい人必見】4つのマーケティングスキルを徹底解説

まとめ

今回の内容をまとめていきます。

  • ユーザーを年代や性別など、ある基準にもとづいてグループ分けすること。
    分けたグループのことを「セグメント」といい、その中から注力するセグメントを決める。
  • セグメントの中の、どのようなユーザー層に注力するのかを決めること。
    注力するユーザー層のことを「ターゲット」という。
「セグメント」と「ターゲット」は、必ずセットで考えるようにしてください。

今回解説したセグメンテーション・ターゲティングは、とても重要なマーケティングスキルです。

Webサービスを伸ばし収益化するためには、絶対に必要なものです。

セグメンテーション・ターゲティングを理解し活用することで、確実にWebサービスを伸ばすことにつながります。

ぜひ、今後のWebサービス開発や運営に取り入れてみてください。

マーケティングが学べるおすすめの講座

僕もそうでしたが自分一人だけでは、

やり方は合ってるのかな…進んでる方向は間違ってないかな…

と、不安になったりしますよね。

そんな時は、マーケティングの専門講座の受講を考えてみてください。

専門講座は「Udemy」などで探すのがおすすめ。

ちなみに以下は、マーケティングが学べるおすすめのスクールです。

RaiseTech
【マーケティングコース】
4.5

マーケティングコースは「商品を売るために」という思考から始まり、実際に売るための手段と知識、ツールの使い方を学ぶ総合コースです。

【こんな人におすすめ】
・自分の商品を効果的に売る手法を学びたい
・基礎から応用まで現場で通用する技術を一通り学びたい
・現役マーケターのメンターが欲しい
・1人で学ぶのが苦手なので、学習をサポートして欲しい

【厳選2冊】マーケティングが学べるおすすめの本

どちらもマーケターのバイブルになっている「必読の一冊」です。

両方読むことをおすすめしますが、どちらか一方でも構いません。



今回はこれで終わりたいと思います。

この記事があなたのお悩み解決のお役に立てば幸いです。

ご質問やご感想などは、Twitter (@ryoopee) にお気軽にご連絡くださいね。

【おまけ】Webサービス開発Tips

【プログラミングスクール選び】におすすめの記事

main-image

【決定版】社会人におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる社会人やプログラミングスクールを探している初心者の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「目的に合わせて選びたい」「習得するプログラミング言語に合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、社会人におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【厳選3校】自信をもって女性におすすめするプログラミングスクール
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる女性や女性向けのプログラミングスクールを探している人の、「女性向けのプログラミングスクールと、それぞれの特徴を知りたい」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、女性におすすめのプログラミングスクールを厳選して、3校にまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!

main-image

【決定版】高校生におすすめのプログラミングスクール完全比較ランキング
プログラミングスクールに入学しようか悩んでいる高校生やプログラミングスクールを探している高校生の、「選び方がわからない…」「数が多すぎて悩んでしまう…」「自分のレベルに合わせて選びたい」こんな悩みを解決するために、高校生におすすめのプログラミングスクール・コースの比較ランキングを、わかりやすくまとめました。
「あなたがプログラミングスクール選びに失敗しないために」ぜひこの記事を役立ててくださいね!