【経験者が解説】仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の5つの特徴

main-image

この記事の内容は「仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の5つの特徴を経験者が解説」です。

  • 完璧主義でいつも仕事に満足できない…
  • 今の仕事が本当に自分に合っているのかわからない…
  • 責任感が強く仕事を頑張り過ぎてしまう…
  • 仕事で気遣いしすぎて疲れてしまう…
  • 仕事漬けの毎日で疲れきっている…

タイトルにもある通り、僕は仕事が原因でうつ病になりました。

もちろん仕事だけが原因というわけではないですが、仕事の影響はかなり大きかったと思います。

うつ病になりやすい特徴や考え方で仕事をしていたので。。

そのような経験から、仕事でうつ病になりやすい人の特徴を解説していきます。

まずは結論から

仕事でうつ病になりやすい人の特徴は、以下の5つになります。

  1. 完璧主義
  2. 仕事が合っていない
  3. 過度に真面目で責任感が強い
  4. 気を遣い過ぎる
  5. 運動不足

もしもあなたが現在「うつ病かも…」と思っていたら、ぜひ早めに対策するようにしてください。

仕事においては「休職」・「部署異動」・「転職」・「退職」など、色々と選択肢があるかと思います。

また、病院に行くということも検討してみてください。

仕事はとても大切なものですが、仕事がもとで病気になってしまっては元も子もありません。

自分を労わり、自分に優しくしてあげてください。

自分の心の声に常に耳を傾け、無理して頑張らないということを大切にしてほしいと思います。

何よりもうつ病にならないこと、既にうつ病の人は重症化させないことを最優先に考えてほしいと思います。

最近では仕事における疲れやストレス改善のためのサプリなども色々あります。

まずはサプリなどを試してみて、「様子をみる」というのも一つの手かもしれません。

仕事における疲れやストレス改善のためのサプリのリンクを貼っておくので、気になる人は試してみてください。

では、仕事でうつ病になりやすい人の特徴をそれぞれ解説していきます。

仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の特徴①「完璧主義」

image-01
これは、よく言われることですが、うつ病になるのは「完璧主義」の人が非常に多いです。

僕もかなりの完璧主義でした。。

完璧主義は「いい結果」を出しやすいというメリットもありますが、常に100%を追い求めるので「自分を認めて満足する」ことが一切ありません。

その結果、自分に対して批判的になり自己肯定感も低くなります。

すると、自分の人生がつまらないものだと感じやすくなります。

「完璧」というのは存在しないですし、いつまで経ってもたどり着くことはできません。

そのため、完璧主義の人はとても落ち込みやすい傾向にあります。

そして、完璧主義の人は目の前の自分がやるべきことだけに集中するので、視野が狭くなり自分の世界も狭くなっていきます。

その結果、すべてのことがどんどんつまらなくなっていきます。

「完璧主義」はうつ病になる可能性を高めてしまいますので、完璧主義の人は考え方を変えてみることをおすすめします。

ちゃんと頑張っている「今の自分」を認めてあげましょう。

仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の特徴②「仕事が合っていない」

image-02
あなたは、なんとなく就活してなんとなく入った会社で「このままでいいのかな?」と疑問を感じていませんか?

他にやりたいこともないので、なんとなく今の仕事を続けて人生の時間を浪費していませんか?

明らかに自分の適性と合っていないのに「親や友人に勧められたから」など、自分の本当の気持ちを無視していませんか?

誰かが敷いたレールの上で適性に合ってない仕事に就いていませんか?

そして、職場で以下のようなことに悩んでいませんか?

  • 仕事でミスを連発してしまう
  • 職場でのコミュニケーションが不足している
  • その結果、人間関係が悪化している

もし当てはまるのであれば、うつ病になってしまう危険性があります。

うつ病になったとしても早期に寛解すればいいのですが、うつ病は再発のリスクが高い病気でもあります。

うつ病患者の「約50%」が、再発するといわれています

うつ病は「甘くみてはいけない病気」です。

今の仕事が合わず悩んでいる人は「休職」・「転職」・「部署異動」など、何らかの対応が必要かと思います。

自分の気持ちを無視せず、「心が健康でいられるような選択」をしてください

仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の特徴③「過度に真面目で責任感が強い」

image-03
そもそも、日本人は真面目で勤勉な人が多いです。

その中でも真面目すぎたり責任感が強すぎる人は、仕事のトラブルや大きなミスがあった際に、すべて自分で抱え込んでしまいがちです。

それが一定のラインを越えてしまうと、以下のような「うつ状態」に入ってしまいやすいです。

  • 仕事のパフォーマンス低下
  • 無気力状態
  • 不眠や過眠
  • 食欲の減退

真面目で責任感が強いことは決して悪いことではありません。

しかし、大切なのは「バランス」です。

真面目で責任感が強すぎる人は、自分を客観的に見ることが難しくなります。

自分の責任ではないのに責任感を感じて、落ち込んでしまったりします。

過度に真面目で責任感が強い人は、常に自分に刃を向けているようなものです。

「限界を超えた無理」は、絶対にしてはいけません。

一番大切なことは「心の健康状態」ですので、何事も「バランス」を心がけるようにしましょう。

はっきり言ってしまえば、僕も含めてですがあなたの代わりはいくらでもいます。

もし本当にあなたがいないと絶対にその仕事が回らないのであれば、それは会社やチームが貧弱すぎます。

貧弱すぎてビジネスモデルに問題を抱えているということなので、あなた個人の力だけでなんとかできる問題ではありません。

もし仕事のプロジェクトなどが失敗に終わったとしても、それはあなた個人の責任ではなく会社全体の責任です。

よって、そこまで自分を追い込まなくて大丈夫です。

仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の特徴④「気を遣い過ぎる」

image-04
このような人は「いい結果」を出しやすかったり、職場での評判も良かったりというメリットもあります。

しかし、気を遣い過ぎるあまり気疲れしてしまうことが多いです。

  • 承認欲求が強い
  • 周りから嫌われたくないという思いが強い

このような傾向も強いので、精神的にとても疲れやすく、うつ病になる可能性が高いです。

気遣いができるということは、とても良いことです。

相手にも好感を持ってもらえます。

しかし「過度な気遣い」は、相手に不快感を与えてしまう場合もあります。

「過度な気遣い」には注意するようにしましょう。

気を遣い過ぎて病気になってしまっては、元も子もありません。

抜くところは抜いて、心が疲れないようにバランスを取っていくことを心がけましょう。

仕事で鬱(うつ)病になりやすい人の特徴⑤「運動不足」

image-05
これは仕事に限ったことではないですが、「適度な運動」は本当に大切です。

運動する時間やプライベートな時間が皆無なほど毎日が仕事漬けだと、心にかなりのストレスが溜まります。

適度に運動することで、このストレスを発散することができます。

そして、心のエネルギーを回復することができます。

運動と合わせて、日光にあたることも大切です。

特に「朝日」にあたることを心がけてください。

僕も精神科の医師に「無理しない程度に、適度な運動と朝日にあたることをしたほうが良い。」と言われました。

そのため、なるべく散歩や朝日にあたることを続けていました。

それらを習慣化することで、ずっと家の中にこもって療養しているよりも気分が晴れます。

現在うつ病で療養している人は、可能な時は早起きして朝日を浴びて、散歩でもいいので適度な運動をするようにしてみてください。

(うつがキツい時は難しいかもしれませんが。)

多少なりとも気分が晴れると思います。

続けるうちにきっと気分も変わってくるはずです。

image-06

現在うつ病ではない人でも、仕事漬けでまったく運動ができていないという場合は、うつ病予防のため時間を作って運動するようにしてください。

可能であれば、軽く汗をかくくらいの運動をするのが望ましいです。

「運動する時間もないほどに仕事漬けの生活」というのは、うつ病になるリスクがとても高いので注意が必要です

まとめ

  1. 完璧主義
  2. 仕事が合っていない
  3. 過度に真面目で責任感が強い
  4. 気を遣い過ぎる
  5. 運動不足

もしあなたが「うつ病かも…」と思ったら、ぜひ早めに対策するようにしてください。

仕事においては、「休職」・「部署異動」・「転職」・「退職」など、色々と選択肢があるかと思います。

また、病院に行くということも検討してみてください。

最近では仕事における疲れやストレス改善のためのサプリなども色々あります。

まずはサプリなどを試してみて、「様子をみる」というのも一つの手かもしれません。

仕事における疲れやストレス改善のためのサプリのリンクを貼っておくので、気になる人は試してみてください。


何よりもうつ病にならないこと、既にうつ病の人は重症化させないことを最優先に考えてほしいと思います。

仕事はとても大切なものですが、仕事がもとで病気になってしまっては元も子もありません。

自分を労わり、自分に優しくしてあげてください。

自分の心の声に常に耳を傾け、「無理して頑張らない」ということを大切にしてほしいと思います。

以下の記事では「うつ病の前兆・初期の心のサイン」を解説しています。

あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい

はじめに 今回は、「うつ病経験者が教える、うつ病の前兆・初期の心のサイン5つ」という内容になります。 最近、ずっと心がモヤモヤしている 最近、ずっと悩んでばかりいる 以前よりものごとを楽しめなくなった 最近[…]

main-image

最後に「うつ病に悩む人」に、ぜひ読んで欲しい一冊を紹介して終わりとします。

メンタルハッカー・YouTuberとして活躍している「ほっしーさん」著の本です。


ぜひ読んでみてください。